Moto3 category

ペルナット裏話『アプリリアはロッシと契約したくなかった…』



『ペルナット裏話:アプリリアはロッシと契約したくなかった』

★伊モトGP界ご意見番ことカルロ・ペルナット氏が今年5月末、『Belin, che paddock(なんてこったい、パドックときたら)』を出版した。

★ペルナット氏はこれまで個人マネージャーとしてカピロッシ、ロッシ、シモンチェッリらを担当し、現在はアルボリーノおよびバスティアニーニを担当しつつイアンノーネの相談役を務めている。

★同書では、ヴァレンティーノ・ロッシの125ccデビューについて次のように綴られている。

《アプリリアの幹部らは、ヴァレ(ロッシ)のことを欲しがってなかったんですよ。
勝てるライダーだとは思ってなかったようだったんで、こっちはなんとしてでも3年契約に持って行かなければならなくってねぇ。
(※当時、ペルナット氏はロッシ選手のマネージメントを行っていた)
ところがフタを開けたら、ああでしょ。
しかし、私ときたらミスを犯してしまってねぇ。
ローリス・カピロッシの時にもやってしまったんだが…モトGPなしで、SBKオプションが付くって契約をしてしまったんですよ。
ヴァレが怒りまくってねぇ…なんとか、その辺を破棄できてたんで、私も安堵のため息をもらしたわけですよ。》

★最近、マネージメントを引き受けたトニー・アルボリーノについては、次のように綴られている。

《マネージャーになって欲しいと言われた時、きちんと言っといたんですよ…
『私も、もうこんな年だから、もしかしたら、いつ何時、マネージャーなしの孤児状態になってしまうかもしれないんだよ』とね。》

(参照サイト google 翻訳:『Sportfair』)


ペルナット氏が語る…なぜマックス・ビアッジが最高峰タイトルを取れなかったのかって話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. THE 毒ター より:

    ロッシじゃなくても、マルケスでもリンスでも中上でも良いんだけど、やっぱり後ろからバンバン抜いて行くレースの方がスター性もあるし面白い。それが今ないのはミシュランのせいなのかもしれないけど、先行逃げ切りは記憶より記録寄りであって、個人的には好みではない。2015年の最後のロッシの最後尾スタートのやつは、忖度アリアリだったけど、観ていて面白かったなぁ…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP