MotoGP

リンス『ヤマハのことは警戒して行く』2019アッセンGP



『リンス:ヤマハのことは警戒して行く』

★6月29日(土)、アッセンGPでアレックス・リンス(スズキファクトリー)が予選3位だった(FP総合11位。予選1で首位となり予選2へ進出)。

★通常、リンス選手は予選が不調である。

★リンス選手のコメント。

「もうね、今回みたいなリザルトは重要だってことは確かなんですよ。FP3の時から速い走りはできていたし、予選1では目標をはっきり定めて攻めて行きました。
3位は重要ですよ。ただ、ヤマハ勢がいるから、明日は手強いレースになるでしょう。とにかく、警戒していかないとね。
レース中、気温が下がってしまう可能性があるようだけど、もしマージンを持てそうだって思ったら、どんどん進んで行きますよ。」

【タイヤについては?】
「上手く作戦を立てれば、然るべき方に進んでくれるんじゃないかと思うんですよ。
タイヤは重要だけど、最終的には作戦が助けになってくれると思ってます。」

【予選3位で士気も上がってる?】
「バルセロナの時も1周タイムで戦闘力を上げて行けたんですが、予選で転倒してしまったんですよね。
今回は同じようなスピードが出せれば良いなぁと思っていたら上手く行ったし、マシンに乗っていて楽しい時は全てが容易になるんですよ。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ヤマハ機と同じ問題ながら、スズキ機は好評価って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 廃道愛好家 より:

    イアンノーネがスズキに残っていたら成長著しいリンス相手にプライドがズタボロになってただろうなぁ

  2. suezo より:

    ヴィニヤーレスもスズキに残っていたら迷走状態にならずに堅調に成長して他と思う

  3. ジージ より:

    ヨハンがヤマハに残っていたら、勝った時の宙反り見れたのに!KTMじゃ当分見れないかなぁ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP