MotoGP

マルケス『まさに今回こそヤマハにとって久しぶりの優勝になるのかも』2019アッセンGP



『マルケス:まさに今回こそヤマハにとって久しぶりの優勝になるのかも』

★6月29日(土)、アッセンGPでマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が予選4位だった(FP総合4位で予選2へダイレクト進出)。

★ファーストロー以外は今シーズン初めて。

★マルケス選手のコメント。

【今回はヤマハ勢が強いようだが…】
「ヤマハにとっては、まさに今回こそ久しぶりの優勝になるのかもしれませんね。本人達もそのことを意識して、プッシュしてきてるんだと思います。明日に向けて、プレッシャーがかかってるんじゃないんですか。
ヤマハ機は実に上手く機能してるし、今回のベストマシンでしょ。スズキも速いけど、でも、ヤマハ機にはプラスアルファの力がありますね。」

【唯一、ロッシ選手が苦戦しているようだが…】
「ロッシのことを、上位争いのメンバーから絶対に外したりはしませんよ。アッセンでは特にね。明日になったら、レースのアドレナリンのおかげで追い上げてくるでしょう。優勝争いまでできるかどうかは分かりませんが、でも、あの年齢の誰と比べたって、ずば抜けたことをしてますからね。」

【マルケス選手の方は、どんな感じ?】
「上手いこと作業できたし、初めてファーストロースターとではなくなってしまったけど、拮抗はしてるから。
ファーストロー獲得は大変だろうと思ってたんですよ。昨日から気づいてました。僕のマシンの方が重いような感じで…特にヤマハやスズキと比べると重い感じだったんで、1周タイムがイマイチだったんです。
ヤマハもスズキも方向転換が素早いんですよ。とにかく、タイムを見る限り、はなっから3位以上は無理だろうって感じでした。
予選で100%の攻めはできないだろうと覚悟してました。ここは100%の状態じゃない限り、気をつけなければならないんですよ。高速だから、転倒したらロレンソのようなケガをしかねないんで。
今回は連戦なんで、気をつけないとね。」

【予選は具体的にどんな感じだったの?】
「最初の出走は乗り心地が良かったんで、連続2周走りました。2回目の時は前にドヴィツィオーゾがいたんですよね。今回は後追いしませんでしたよ。ただ、(その時のドヴィは)それほど上位にいなかったんで、タイムのことは忘れて、こっちもプッシュしないことにしたんです。
いつも作戦通りに行くわけではないから。でも、今回は獲得できそうだったベストリザルトを1つ落としてしまっただけですから。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


マルケス選手は多重クラッシュなしでもバルセロナで優勝できたのか?って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 掘兵 より:

    去年はケガで苦しんだマルケス・・・
    経験を積んだ事で効率的な考えになって行くのは当然の事・・
    MotoGPは近年の戦力拮抗した状況もあり戦力分析からシーズンを俯瞰して見通す分析も重要
    ミスをしないでポイントを確実に多く持ち帰るという事でしょうね?・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP