Moto3 category

2019 オーストリアGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】



『2019 オーストリア モト3 決勝トピックス』

★8月11日(日)、オーストリア戦 モト3クラスの決勝が行われた。

★スタート時、ウェットレースだったものの全選手スリックタイヤを選択し、ミックスセッティング(ドライ用よりは若干柔らかめ)でスタートした。

★総合順位は以下のとおり。
首位ダッラ・ポルタ(155ポイント)、2位カネ(154ポイント)、3位アルボリーノ(113ポイント)、4位アントネッリ(105ポイント)、5位ラミレス(89ポイント)、6位マクフィ(84ポイント)。

★首位ロマーノ・フェナーティ(ホンダ、スナイパーズ、昨年はモト2参戦)。モト3キャリア13勝目。2017年茂木以来の優勝。PPも獲得していたが、ペナルティによりグリッド2位スタートだった。
フェナーティ選手のコメント。
「本当に嬉しいです。首位に立って逃げ切るのは、かなり難しかったんですよ。でも、今日はとんでもないコンディションで、トラックの最終セクターは完全に濡れてたんです。第1セクターはドライ状態だったのに。僕はその辺で限界超えのプッシュをしてたし、他の選手は濡れた箇所でプッシュしてました。
自分のリズムを刻み、満足してます。マシンが素晴らしかったですからね。」

チームメイトのトニー・アルボリーノは2位。今季5回目の表彰台。
アルボリーノ選手のコメント。
「難しい感触で…ウォームアップの時に転倒し、右半身が痛かったんですよ。レース序盤はマシンを倒した時にちょっと苦戦して、ロマーノに引き離されてしまいました。
でも、『今年はコンスタントに行くんだ』って自分に言い聞かせて…上手く行きましたね。タイトル争いに向けて覚悟はできてます。」

★3位ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)。
チームメイトのアユム・ササキは13位。

★4位チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46、ルーキー)。最後の直線コースでリミッターが入って表彰台を逃した。
チームメイトのデニス・フォッジャは14位。

★5位マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)。
チームメイトのロレンツォ・ダッラ・ポルタは6位(総合首位)。

★7位マカール・ユルチェンコ(KTM、BOE Skull Rider Mugen Race)。
チームメイトのカズキ・マサキは24位。

★8位ヤコブ・コンフェイル(KTM、Redox PruestelGP)。
チームメイトのフィリップ・サラックは19位。

★9位ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのタツキ・スズキは転倒リタイヤ。和製リッチョーネ市民。

★10位アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング)。マックス・ビアッジチーム。序盤、アレーナス選手と接触。

★11位アルベルト・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは転倒リタイヤ。

★12位アイ・オグラ(ホンダ、ホンダチーム・アジア、ルーキー)。
チームメイトのカイト・トバは18位。

★15位ダリン・ビンダー(KTM、CIP、ブラッド弟)。

★16位アロンソ・ロペス(ホンダ、エストレージャ・ガリシア)。
チームメイトのセルジオ・ガルシアは27位(ルーキー、最下位)。

★17位デニス・オンジュー(KTM、KTMアジョ、ワイルドカード)。
ジャン・オンジューは転倒リタイヤ(ルーキー)。2回転倒。
両選手は二卵性双生児。

★21位ジェレミー・アルコバ((ホンダ、グレジーニ)。ガリエレ・ロドリーゴ代役。現在、CEVで総合首位。
チームメイトのリカルド・ロッシは23位。ロングラップペナルティ。
ロドリーゴ選手は8月7日、骨折した右鎖骨の手術を受けた。完治に2〜3週間かかる模様。シルヴァーストンGP復帰が予定されている。

★26位アンドレア・ミーニョ(KTM、Bester Capital Dubai、VR46ライダーズアカデミー)。みごとな追い上げ中、スリップ転倒。
チームメイトのジャウメ・マシアはラスト2周の第9コーナーで膨らみ、ハイサイド転倒リタイヤ。

『2019 オーストリア モト3 決勝リザルト』



『2019 オーストリア モト3 総合リザルト』




(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

created by Rinker
¥6,220
(2019/08/23 10:44:57時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP