Moto2 category

2019 オーストリアGP【モト2:決勝リザルト&トピックス】



『2019 オーストリア モト2 決勝トピックス』

★8月11日(日)、オーストリア戦 モト2クラスの決勝が行われた。

★完全ドライコンディション。転倒多発。

★初めてファーストローにヨーロッパ出身の選手がいない。

★総合順位は以下のとおり。
首位マルケス(181ポイント)、2位ルーティ(138ポイント)、3位ナヴァッロ(126ポイント)、4位フェルナンデス(121ポイント)、5位バルダッサッリ(115ポイント)、6位シュロッター(114ポイント)。

★首位ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)。本日、24才の誕生日。
ビンダー選手のコメント。
「ホームで優勝できたし、今日は僕の誕生日なんです。楽ではなかったけど、大満足です。」

チームメイトのホルヘ・マルティンは7位(ルーキー、昨年モト3チャンピオン)。
なお、KTMは2020年、モト2に参戦しない。

★2位アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS、マルク弟、総合首位)。
マルケス選手のコメント。
「トラックはかなり滑りやすくて、先行ライダーの多くが転倒してました。僕も何回かザワッとした瞬間が会ったし。
グリッド11位スタートで表彰台なんて最高リザルトですよ。ビンダーの方が一枚上手だったから、優勝して当然ですね。」

チームメイトのシャヴィ・ヴィエルジェは転倒リタイヤ。序盤、2位争いの最中、コーナー進入でミスをし、ナガシマ選手を道連れに転倒。

★3位ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)。
ナヴァッロ選手のコメント。
「奇妙なレースでした。今日は根本的にマシンを変えてみて、100%プッシュでスタートしました。序盤ラップで何人かと接触したけど、その後は自分のペースに集中しました。最終的に表彰台順位をキープできたけど、優勝できるチャンスを逃してしまったと言う気分です。」

チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは14位(ルーキー)。

★4位ロレンツォ・バルダッサッリ(カレックス、Flexbox HP40、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのアウグスト・フェルナンデスは5位。

★6位トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト、昨年はモトGP参戦)。
チームメイトのマルセル・シュロッターは9位。

★8位イケル・レクオナ(KTM、American Racing KTM)。
チームメイトのジョー・ロバーツは21位。

★10位マッティア・パジーニ(カレックス、タスカレーシング)。シモーネ・コルシ後任。

★11位アンドレア・ロカテッリ(カレックス、イタルトランス)。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは転倒リタイヤ(ルーキー)。マリーニ転倒に巻き込まれ、転倒し、足首を負傷し担架で搬送される。

★12位Somkiat CHANTRA(カレックス、ホンダチーム・アジア、タイ出身)。サプライズ。
チームメイトのテッペイ・ナゴエは25位。プラタマ代役。

★13位ニコロー・ブレガ(カレックス、VR46、ルーキー)。
チームメイトのルーカ・マリーニは転倒リタイヤ(ロッシ異父弟)。2位争いの最中、フロントが流れ、先行していたバスティアニーニ選手を巻き込んで転倒。

★15位ボー・ベンスナイダー(NTS 、NTS RW Racing GP)。

★16位ステファノ・マンツィは21位(MVアグスタ、フォワード、VR46ライダーズアカデミー)。
チームメイトのドミニク・エガーターは17位。

★18位ジョナス・フォルガー(ペトロナス・スプリンタ・レーシング、パウイ代役)。

★23位マルコ・ベッツェッキ(KTM、KTMテック3、VR46ライダーズアカデミー)。

★24位サム・ロウズ(カレックス、グレジーニ)。

★ONEXOX TKKR SAG Teamは両選手転倒リタイヤ。
PPスタートのナガシマ選手はヴィエルジェ選手の転倒に巻き込まれた。
ガードナー選手は終盤、オーバーテイクをかけようとして膨らみ、トラックに戻る際、マルケス選手に接触してスリップ転倒リタイヤ。後続のマルティン選手に轢かれそうになる。

『2019 オーストリア モト2 決勝リザルト』



『2019 オーストリア モト2 総合リザルト』




(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

created by Rinker
¥6,336
(2019/10/16 17:23:29時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP