MotoGP

ロレンソ、ドゥカティ移籍や引退の噂を否定せず:2019シルバーストンGP

『ロレンソ、ドゥカティ移籍や引退の噂を否定せず』

★8月22日(木)、シルヴァーストンGP会見でホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が次のように話した。

ドゥカティ移籍の噂が飛び交っていたが…】
「そうですね。かなり色々と話が出ていたようで…ただ、僕はその場にいなかったわけだし、何も言ってませんしね。だいたい、ホンダとは2年契約を交わしているんだし。
ただ、その後、噂が加熱していったようなんで、アルベルト・プーチ(ホンダHRCチームマネージャー)に連絡することにして…ホンダとのプロジェクトに完全集中しているからと、きちんと伝えました。」

【実際のところ、ドゥカティと接触していたの?】
「僕は今後のことについて話すためにここにいるのであって、過去についてではありませんから。
今、言えることは、僕もまた人間だと言うことです。深刻な転倒を2回喫し…特にアッセンの転倒は、その前にバルセロナで転倒していたせいですからね。
これまで背骨をケガしたことはなかったし、自分のキャリアや人生そのものが大丈夫なのだろうかって心配になったんですよ。いたって普通のことだと思います。
ただ、調子が良くなってきた途端、そう言う心配もなくなっていってね。
前人未到の3メーカーでのレース優勝目指して、ホンダ機で挑戦していくぞって言う確信がまた出てきたんです。だからこそプーチに電話して、そう伝えたんですよ。」

【ケガの方はどう?】
「これほど長く欠場したのは初めてだし、こうして復帰できて嬉しいですよ。ケガをして、最初の2週間は本当にキツかったですね。なかなか回復してくれないんで。でも、その後、ぐんぐん良くなっていきました。
プールでトレーニングを始めたら痛みがあったんですが、それもどんどん薄れていきました。今回ぐらいが復帰にはちょうど良いタイミングでしょうね…あまり長く休んでるとスピードが落ちてしまうから。」

【完治したわけではない?】
「僕が負ったケガは一般的に完治に3ヶ月にかかるんですよ。今は2ヶ月経ったところです。椎骨の浮腫もまだ残っているし、いまだに痛みもあるし。ただ、乗ってみることはできるから。
優勝や表彰台争いはできないでしょう。トップ5も無理です。ひたすら自分のリズムを探っていくだけでしょうね。」

【ホンダ機にも慣れかけていたのに…】
「このケガのせいで適応プロセスが遅れてしまって。ほぼゼロからの再スタートになるだろうけど、辛抱していれば確実に好リザルトは出てくれるから。」

【ホンダ離脱については?】
「そんな必要ないでしょ。契約があるんだから。他のマシンで出してきたようなリザルトを、このマシンでも出したいと思ってますから。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロレンソ選手のドゥカティ画策したダッリーニャ氏については有料閲覧『note』で!!

created by Rinker
¥1,620
(2019/09/18 10:06:14時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ケロ より:

    前人未到? MotoGPではそうなるのか。
    まあ、達成できれば凄い事なんでしょうが、オールドファンからすると、3種のチャンピオンマシンでしょ?ローソンは実績のないカジバで勝ったよって言われそう。

  2. ok より:

    最高峰クラスって括りならカピロッシもヤマハ、ホンダ、ドゥカティで優勝してますねー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP