MotoGP

2020 バレンシアテスト初日【モトGP:リザルト&トピックス】



『2020 バレンシア モトGP バレンシアテスト初日 トピックス』

★11月19日(火、10時〜17時)、バレンシアサーキット モトGPクラスの公式テスト初日が行われた。

★快晴、低温。ドライコンディション。気温17度、路面温度16度。

★スミス転倒によりレッドフラッグで一時中断。クアルタラロー転倒によりレッドフラッグで一時中断。

★タイヤはヴァレンシアGPと同様のものに加え、何種類か新タイヤも使用。各選手フロントはソフト5本、ミディアム6本、ハード5本。リアはソフト5本(うち3本は豪テストで試した新タイヤ)、ミディアム5本、ハード5本。
この他、ミシュランが2021年に向けて開発中のフロントタイヤ1種(新構造、ミディアム、各選手2本使用)。コーナー進入を改善すべく開発、ミザノテストで試用済み。

★首位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)。ベストタイム更新中、第10コーナーでフロントが流れ、転倒。最多周回走行(82周回)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは3位(VR46ライダーズアカデミー)。

★2位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは9位。テレメータ担当(マッテオ・フラミーニ)が体調不良により不参加。
2020年版マシンはカウルのエアーボックスが今までより高く、なおかつ狭くなっている。また、新しいフレームとエンジンも用意されていた。

★4位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)。2020年版エンジンとフレームを試乗。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは12位。2020年版エンジンとフレームを3周のみ試乗。
テストライダーのミケーレ・ピッロは18位。2020年版エンジンとフレームを試乗。

★5位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、今季モトGPチャンピオン)。第13コーナーで転倒。
チームメイトのアレックス・マルケスは23位(ルーキー、今季モト2チャンピオン)。最下位。コースに降り、7周走って第10コーナーで初転倒、ケガなし。マシン修理のため長らくボックス待機。ホンダLCRピットで2019年版マシン試乗。2014年にも同トラックで、2017年にはルーティ代役としてヘレスでホンダのモトGP機を試乗している。
テストライダーのステファン・ブラドルは22位。マルク選手と共に2020年版テスト。第10コーナーで転倒。

★6位ジョアン・ミール(スズキファクトリー、ルーキー)。
チームメイトのアレックス・リンスは7位。

★8位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。2020年版マシンを試乗。
チームメイトのブラッド・ビンダーは21位(ルーキー、モト2総合2位)。
テストライダーのミカ・カリオは失格。

★10位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは不参加(VR46ライダーズアカデミー)。土曜FP3でマシンごと前転・転倒。来週のヘレステストは参加できるかも。

★11位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。2020年版マシンを試乗。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは不参加。

★13位イケル・レクオナ(KTMテック3、ルーキー)。第4コーナーで転倒、ケガなし。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは不参加。豪GPでの転倒により古傷が悪化し、3日に肩の手術を受けた。
テストライダーのダニ・ペドロサは17位。

★14位アンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー)。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは16位。
テストライダーのブラッドリー・スミスは21位(モトE総合2位)。転倒、ケガなし。
電制システムのテスト。2020年版マシンは来年セパンテストで披露する予定。

★15位ティト・ラバト(ドゥカティアヴィンティア)。
チームメイトのカレル・アブラハムは19位。ヨハン・ザルコが同チームのオファーを受けた場合は放出される。

『2020 バレンシア モトGP 公式テスト 初日リザルト』




(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

created by Rinker
¥7,461
(2019/12/07 12:14:43時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 岸本ジョン より:

    マルケス兄弟は二人とも転倒ですね。
    これは限界を探っているのであって、ポジティブだと思います。
    今は実験段階なので来年はキッチリと仕上げてくるでしょう。

  2. RR-R より:

    兄はともかく弟は初乗りたったの7周目で限界を探るようなプッシュはしてないと思いますけど?
    10コーナーなので左が続いた後の右なので気温の低さも相まって右側が冷えてた故でしょ

  3. kaz より:

    2020年型RCVがどこを変えてくるのか楽しみですな。多少は乗りやすい方向に振るのか、もっと先鋭化させるのか。ま、全てはマルクの意見次第かな(^.^)
    それよりミシュランがどんな性能のタイヤを出してくれるのかが心配。今季は負けたライダーは勿論、勝ったライダーも「タイヤガー」でしたからね。

  4. めらちん より:

    テストなんでタイムが全てではないだろうけど、ブラドルは2秒半も遅くていいんだろうか?

  5. LUL より:

    マルクもシフトアップした瞬間に飛ばされたって言ってるから
    限界どうのこうのでの転倒じゃないでしょ

  6. ニッキー69 より:

    転倒ギリギリまで追い込んで限界を探る、がトレンドなのか…

    あ、寒いだけか。

  7. へほへも より:

    とりあえず気になるのはヤマハとスズキの最高速がどれだけホンダ、ドカとのギャップ詰めれるか…タイヤとかももろもろテストだからタイムはまぁ参考程度
    どんなにコーナー速くなっててもストレートで離されてる今の状況改善しない限り常に勝ちを狙えるマシンにはならないやろうし…立ち上がりやすさとか処々の問題もあるんだろうけど
    せめてスリップから引き離されない位のエンジンにならんと…

  8. なお より:

    テストで失格って、ミカカリオは何やったんですかね?
    ペドロサがTech3扱いなのもちよっと気になります。

  9. みか より:

    カリオ失格ってなんで

  10. うに より:

    結構転びましたね。
    クアルタラロはあの周攻めすぎ。マルクは20年型がおじゃん。
    あのコンディションでテストってのがそもそも難しいんでしょうね。

    アレックスはとにかく慣れる段階だろうけど、
    ほぼ3秒落ちが2日目でどれほど縮まるか。
    スペイン帝国の野望に巻き込まれた、線の細そうな弟君。

  11. ドル七 より:

    一年のレース数が増えてバレンシアのテストが寒い冬の時期にやるってのがそもそも危険では?
    原田さん路面温度が10度以下ならテストはしないって言ってたから今のバレンシアはかなり滑ると思うんだが
    ドルナは興行的な所も大事だがもっとライダーの事を考えて日程を組んで欲しいな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP