MotoGP

ドゥカティ・デスモセディチGP20:フォトギャラリー

『フォトギャラリー:ドゥカティ・デスモセディチGP20』




★1月23日(木)、イタリアのボローニャ、パラッツォ・レ・エンツォ(PALAZZO RE ENZO)にて、2020年版『デスモセディチGP20』のプレゼンテーションを行った。
アンドレア・ドヴィツィオーゾ、ダニーロ・ペトルッチ、ミケーレ・ピッロ、クラウディオ・ドメニカーリ(CEO)、ジジ・ダッリーニャ(ゼネラルディレクター)、パオロ・チャバッティ(スポーツディレクター)、ダヴィデ・タルドッツィ(チームマネージャー)らが参加した。




















































モトGPライダーが転倒すると、どれだけお金がかかるのか?って話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. YAMAHA党 より:

    以前から思ってたんですが、フロントカウルが
    M1に見えるのは私だけ?

  2. 851 より:

    多分2019ベースのダミー的な色合いが濃いのだと思いますが、取り敢えずホールショットデバイスのレバーが消えてますね。

  3. ジョルジョ99 より:

    ウイングは違うので見分けつきますが、前面の吸気ダクトは形状そっくりでしょう。
    以前は楕円形、最近は台形四角っぽく今シーズンはついにM字のヤマハになりました。

  4. へほへも より:

    どんどん変になっていく…勝つマシンとしてなので変わって当たり前なんだけどウイング無いマシンがいいなぁ…

  5. nav. より:

    正面からはまぁまぁですが、斜めからの見栄えは酷いなぁ。M1はデザインのバランスは美しい、けど勝てないから今は駄目。
    RCVの蝶ネクタイもイケてないし。正面から見たウィングの形、蝶ネクタイに見えません?w
    いゃ、もう2月間近ですね!

  6. ハンス より:

    これでもシンプルだなぁと思えるのはF-1のゴテゴテしたヤツを見慣れているからなんだろうなぁ・・・

    それにしても年々リヤカウルのボックスが肥大化しているのが気になるところです。
    空力的にメリットがあるからなんでしょうけど、謎ですね。

  7. owsaikou より:

    美しきイタリアンデザインはどこに・・・・・・・。

    こんな凸凹だらけでも直線は速いのか。

    しかし、アクスルから垂れ下がったエプロンみたいのは何だ!?
    超高速域でちょっとステアが切れたらステダン強くないと、左右の振れが止まらないような。

    外したら軽くて良くなるとかww・・・まさかバトル(当たり)用?!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP