MotoGP

ロレンソ『新マシンには乗せてもらえなかった』2020セパンテスト

『ロレンソ:新マシンには乗せてもらえなかった』

★2月9日のセパンテスト最終日、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハファクトリー、テストライダー)が20位(1:59.697、+1.348)だった。

★ロレンソテストライダーが走行したのはこの日のみ。

シェイクダウン(2/2〜4)も最終日のみ走行で、8位(2’00”506)だった。

★ロレンソテストライダーにはバルセロナGPでのワイルドカード参戦の可能性も浮上している。

★ロレンソテストライダーのコメント。

【かつてタイトルを獲得したマシンに再び乗った心境は?】
「まぁ、この間、乗ったマシンの方は僕が覚えているヤマハ機と大差なかったですね…それが良いか悪いかは、考え方次第だろうけど。
とにかく、いまでも戦闘力の高いマシンだし、僕みたいにスムーズな操縦を心がけているライダーにとっては乗りやすいでしょう。
ここ何日間で、今後がっちり手を入れていくべき箇所を見つけたんで…ちょうどホンダやドゥカティのマシンにとって長所になってる箇所なんですけどね。
いずれにせよ、ポジティブ面はけっこうありましたよ。」

【今回はどんなヤマハ機に乗ったの?】
「今日の午後、ヤマハは結局、新マシンには乗せないと言うことにしたようで…当初は(乗せようかと)考えていたみたいなんだけど、まぁ、最終的にこう言う風に決めたようですね。
新マシン用のマテリアルもあまり試さなかったんで…4人目の意見って言うのがあっても良かったと思うんですけどね。
僕としては、この間乗った時より良かったですよ。セッティングと電制システムに関し、いくらか前進できたんで。タイムアタックはしなかったけど、(シェイクダウンの時より)1秒ほど削れたし。
本当は午後にタイムアタックをする予定だったんですが、雨になってしまったものだから。」

【身体の方はどんな感じ?】
「良い感じです。背骨の方は完璧ですね。筋肉の方はジムでけっこう鍛えておいたんですが、休暇中に2kgほど増えてしまった分を落とした方が良いだろうし、もう少し有酸素運動をして、心拍数をもっと上げても大丈夫なようにしておいた方が良いかもね。
とりあえず、ドゥバイに1週間滞在してからルガーノ(自宅)に戻るつもりです。次のカタールテストに向けて、しっかりトレーニングする予定です。」

【こんなに早くトラックに戻ってこれると思っていた?】
「ヴァレンシアで引退会見をした時、ヤマハがすぐに僕に関心を寄せてくれたんですよ。リン・ジャーヴィス(ヤマハ・マネージングディレクター)から早々に連絡が来たんで、その時点でトラックに復帰するかどうかを決めなければならなかったんです。
僕としては、まず、この契約にどんなオプションが付いているのか吟味したかったんですよ。それで、その後、決断したわけでね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロレンソ元選手がヤマハのテストライダーを引き受けたのは、現役復帰を狙ってるのかもって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ワイン より:

    ドカからせしめてホンダからも詐欺ギリギリでせしめて
    ホントウハウハだろーな

    いいなぁ

  2. どんけつ より:

    ロレンソが乗っていた時とあまり変わりないって3年前からマシンが進歩してないって聞こえるけど

  3. ジョルジョ99 より:

    背中は完治となれば、後は持久力だけなんだろうね。
    テストライダーは体重もデータに反映されるから、ぽっちゃりホルヘはNGだろうね。。。

  4. j.takahira より:

    タイトルだけでは『乗せてもらえなかった』のか、『乗せたいけど乗せれなかった』のか分かりませんね。MOTOGPのHPのヤマハのコメントのとおりだと思います。なんとかヤマハの気持ちも分かるんだけど、体調万全なになってからでも良いかと。

  5. ぽんぽんぽん より:

    一応まだホンダの人ではあるのかな?兼ヤマハテストライダー?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP