MotoGP

ホンダ危機、開幕戦は2019 or 2021年版マシンになるかも…

『ホンダ危機、開幕戦は2019 or 2021年版マシンになるかも…』

★カタールテストでホンダ勢が苦戦している。マルク・マルケスは右肩が完治しておらず、2020年版マシンを乗りこなせない。アレックス・マルケスは、もともとルーキーである。
カル・クラッチローは2020年版マシンが気に入っていない。

★兄マルケス選手は24日(テスト最終日)、2019年版マシンと2020年版の比較テストを行っていた。

★アルベルト・プーチ氏(ホンダHRCチームマネージャー)が、次のように話した。

【2020年版マシンの問題点を解決できそう?】
「解決法が分からないんですよ。分かっていたら、とっくにやってます。当然のことながら、今のところはまだ何も仕上がってはいません。
今は去年のものを色々と試している最中で…去年だけではなく、数年前のものも試しています。今のところ、現状はまったく喜ばしいものではないが、その点を解決すべく、いつものように可能な限りの改善を加えていくつもりです。
あいにく、時間があまりないわけだが、最後の瞬間まで挑んでみます。見ての通り、厳しい状況ではあるが、問題解決もまたこの仕事の一部なのだし、今回も頑張っていきますよ。」

【数年前のマシンのパーツを試して、何か分かるの?】
「これ以上、なにを言えばいいんですかね…今、言った通りですよ。うちは試していく予定です。
貴方達もジャーナリストなんだから、こちらのコメントをきちんと理解してくれないと。」

【レース本番で2019年版マシンを使う可能性もあるの?】
「今は作業をしている最中で、色々と試しているところなんです。別に世界の終わりでも何でもないのだから。
確かに、現在、2019年版マシンで作業をしているが、それが解決策になるかどうかは分かりません。おそらくカタールGP(開幕戦)が始まらない限り、なにもお答えできないでしょうね。
2019年版マシンで参戦することになるのかどうか…とにかく、今は大量に試している最中なんです。
2020年版でいくものか、それとも2019年版になるのか…。もしかしたら、2021年版として用意しいるマシンになるかもしれないし。」

【2020年版は2019年版より劣化してしまったと思う?】
「マシン自体は速くなってます。それは間違いありません。データを検証した結果、それは確かです。ただ、それだけでは駄目な場合もありますからね。
あらゆる点を上手くコントロールしていかないと。各エリアの組み合わせを上手く調整すれば解決するってことも、多々あるわけだから。
開幕戦までさほど時間がないことは承知しているが、うちはこう言う進め方なんでね。常に限界ギリギリなわけだから。」

【兄マルケス選手の身体コンディションの方は?】
「マルクはビッグライダーですからね。もちろん、今はベストな状態ではないし、カタールGPも無理でしょう。ただ、カタールと言うのはあくまでも開幕戦であって、最終戦ではありませんから。」

【兄マルケス選手が万全の状態でなかったため、マシン開発にも支障が出てしまったの?】
「そうです。マルクのコンディションも問題の1つですね。身体が万全の状態ではないわけだから。本人としては万全の状態で行きたいでしょうけどね。
ただ、この点については事前に分かっていたことですからね。当初より分かっていたことだし、こればっかりはどうにもならないでしょう。
とにかく、今も言った通り、カタールは開幕戦なのだから、まぁ、いきなり苦戦してしまうか…もしくは、100%の状態では挑めなくなる可能性があると言うことでしょう。
とにかく、その点については分かっていたことなんでね。どう言う経過具合かは分かっているし、どうなるか分からないような状態よりは良いでしょう。
マルクの肩は良くなります。その点は明白なんでね。」

【ミシュランの新タイヤのせいで、ホンダ&ドゥカティが苦戦しているようだが…】
「以前よりもグリップが上がっているんですよ。まぁ、通常、皆が望んでいることなんですけどね。
とにかく、このグリップにマシンがどう呼応するか…どのぐらいパッケージ全体に影響を及ぼすかにに依るわけでね。まぁ、グリップが上がったことが問題なのかもしれないが、ただ、ミシュランは実に良い仕事をしたと思いますよ。
タイヤのグリップを上げて、なおかつ、きちんと完走できるようにするなんて容易なことじゃないのだから。ミシュランはそう言うことをやり遂げたんです。
こちらの方で合わせなければならないことだが、まぁ、これが一部のメーカーのマシンにとって大きな問題になっていることは明白なようですね。どんなエンジンを使っているかに依るようでね。
とにかく、この辺にも集中していかなければならないのだが、どうにもならないのですよ。メーカーがタイヤを用意してきたら、あとはこちらが合わせていかないとね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜホンダ&ドゥカティ機に新リアタイヤが合わないのかって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. nav. より:

    まぁ、誰もが懸念していたことが起きている訳だが、何年か前も同じようなことありましたね。
    で、結果チャンピオンになったような。
    2018でしたっけ?

  2. maxtu より:

    旧型を引っ張り出してるのは原因が新タイヤにあるかの検証なんでしょうね
    2018年にYAMAHAもそんな事してましたっけ
    それでもHONDA、プーチの判断は素早いし懸命な作業をしているのは流石というかYAMAHAが後手に回った対応との違いを感じます
    近年カルが文句を言うのはデフォルトだから、ここにきて経験値の低いマルケス弟抜擢とマルケス兄のコンディション不調が響いてそう

    プーチ、マルケス兄ともコメントにイラつきを感じる

  3. 19 より:

    こういう時にダニがいたらしっかり仕事してくれた気がします。

  4. 暇人18号 より:

    今ホンダに必要なのは経験豊富なライダーなんだけど
    カルは不満しか言わないからな〜
    何にしても今の状況を打開しながら戦って行くしか無いんだしシーズンはまだ始まってないから頑張るしか無いね

  5. ワイン より:

    中上に20マシン乗せるっていう選択肢はないんだ(笑)
    意外に何乗ってもニュートラルだから
    評価基準にはいいと思うのだが?

    20乗って10位なら安定
    特に問題なし!

  6. 小兵力士 より:

    そして結局、マルケス兄がなんとか乗りこなしてしまうという展開……。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP