MotoGP

プーチ『もし不当な行為をする者がいるとしたら、それはホンダではない』

『プーチ:もし不当な行為をする者がいるとしたら、それはホンダではない』

★モトGPのエンジンおよびエアロダイナミクスの開発は、通常とは異なる手順で凍結されることとなった。

★凍結決定前、ジジ・ダッリーニャ(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)が、次のように発言していた。
「こう言う事態で余裕ができたメーカーもありますよね…(マシンの)パフォーマンスや信頼性に問題があったメーカーなんかは、手を入れていく時間ができたわけだから。
まぁ、もちろん、ホンダのことを言ってるんですけどね。」

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)も、また、マルク・マルケスの肩の不調を指し、
「カタール開幕戦が通常通りに開催されていたら、(マルケスは)理想的なコンディションではなかっただろう」と発言していた。

★アルベルト・プーチ(ホンダHRC)が上記の発言を受け、次のように話した。

【開幕遅延でホンダが得をしていると言う声が出ていたが…】
「今シーズン、もし不当な行為をする者がいるとしたら、それはホンダではないでしょうね。
例年通り、うちは提出すべきものをきちんと提出してましたから…大勢が唱えているのとは、まったく反対にね。
ホンダが恩恵を受けると言うのは、どう言う意味なんですかね。
先日のカタールでエンジン見本を提出できたのは、うちだけじゃないですか。他のメーカーは出してなかったでしょ。
ホンダは開発を進める気などありませんよ…第一に、エンジンと言うのは一朝一夕で出来るものじゃないのだから。
開幕が遅れているから、ホンダは新たなエンジンを作るだろうなんて思われているのでしょ。世間の人達は詳しい情報などもないし、きちんと理解もできないのでしょうね。」

【マルク・マルケス選手は、開幕遅延で助かったのでは?】
「彼にとっては良かったでしょうね。まぁ、本人はそうは思っていないだろうが。
確かにマルクは、カタールで絶好調と言うわけには行かなかったでしょう。60%程度の状態だったでしょうね。
しかし、どれほど痛みがあって苦戦しようと、マルクは優勝目指して戦ったでしょうけどね。」

【現在、マルケス兄弟とは電話で連絡を取り合っているそうで…】
「マルクの方は、肩が完治に向かっているようです。アレックスはモトGP機に慣れている最中に中断されたわけだから、やはり心配しているようですね。
アレックスの方がマルケスより不安がってましたよ。ただ、2人とも(現状を)受け入れつつ、実に自然に生活してますよ。もちろん、家から出ずにね。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


開発凍結の2つの利点とは?って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    武コロの影響が無かったら全てのメーカーが期限までに提出してたでしょうよ。
    世界中がおかしくなってる時に自慢する事かね?

  2. ○九 より:

    欧州のインチキメーカーは自分が汚い手を使ってるから相手もやってると思うのは当然

  3. 鈴夫 より:

    >>匿名さん
    世界中がおかしくなってる時に開発するんだろって
    名指しで言われたから反論しただけでしょ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP