MotoGP

イアンノーネ、ビアッジに告白『ドゥカティ離脱を後悔している…』

『イアンノーネ、ビアッジに告白:ドゥカティ離脱を後悔している…』

★アンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー)のドーピング疑惑に対し、国際懲戒裁判所の判決がいまだ出ていない。

★イアンノーネ選手は現在、ルガーノで自宅待機をしている。

★マックス・ビアッジが現在の閉鎖生活の中、著名な友人らとビデオ通話をし、その様子をファンらに公開しており、イアンノーネ選手がそこで次のように話した。

【現在はどんな生活を送っているの?】
「昼の12時頃に起き、母親のところに昼飯に行って、その後は倉庫にあるトレーニングルームで夜まで過ごしてますね。
カートを4台組み立てましたよ。あっ、1台解体もしたんだ…また組み立てるためにね。とにかく、何をしてれば良いものやらって感じなんですよ(笑)。」

【ルガーノも新型コロナウィルスの影響を受けている?】
「本当にすべてが停止状態ですね。住民は皆、しっかり指示に従って家から出てませんよ。
トレーニングとか、本当に必要ならば外出はできるけど、とにかく、きちんと指示に従わないとね。」

【今シーズンのモトGPはどうなりそう?】
「どうなるんですかねぇ…今後、ヨーロッパの状況がどうなっていくかに依るでしょう。
たとえイタリアで問題が解決されたって、スペインはどうか?…イギリスはどうか?ってことになるんだし。
状況は悪化してように思えますけどね。」

【話は変わるが、ドゥカティからスズキに移籍した時はどうだった?】
「僕が辞めた時って言うのは、それまでの2シーズン、かなりポジティブだったんですよ…ドゥカティ機の加速とブレーキングが物凄くってねぇ。
苦労してた箇所と言えば、コーナー進入と中盤の旋回で…とにかく、曲がりにくいマシンでした。
スズキ機の方は、それと真逆でしたね。コーナーの感触は良いんだけど、今度は加速とブレーキングでかなり苦戦してしまって。
今のモトGPは、ブレーキングでフロントタイヤをフル活用させないと、好タイムなんて出ないんですよ。コーナー旋回に全てを賭けようものなら、ブレーキングで0.2〜0.3秒失速してしまうから。
だから、強いブレーキングができてトラクションのあるマシンが良いんです。」

【チームが変わると、どんな感じなの?】
「僕はドゥカティに4年いたんだけど…同じチームに何年もいると、いちいち(スタッフらが)何をしているのか知りたいって気持ちもなくなるんですよ。
つまり、こっちが『問題は、これとこれだ』って言うと、むこうは自分達の見解を言ってくれるってわけで。しっかり信頼し合っているから、滅多に間違うことなんてないんですよ。
ところがスズキに移ってからは、そう言う風にはならないわけでね。新たな顔ぶれで、こっちのことを良く知らないんだから。
開発については、もっと深く関わっていくことになりますよね…それはアプリリアでも、そんな感じでした。
まず、良く理解しなければならないから、こっちもぐっと食い込んでいくわけですよ。エンジニア陣と一緒にいる時間が長いほど良いから…特に、トラックエンジニアらとね。 」

【これまで後悔したことはある?】
「ドゥカティを辞めたことですね。まぁ、過去について、ああすれば良かったとかこうすれば良かったなんて良く言うけど、なんの役にも立ちませんよね。」

[ 後半に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


もしロッシ選手がスズキ移籍を希望したら?って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. kKKC より:

    いやいや、君さぁ
    ドゥカティを辞めたんじゃなくて、クビになったんでしょ
    そういう自分勝手な物言いといい、ドーピングといい、信頼たる人格じゃないんだよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP