MotoGP

『ロッシやクラッチローは引退の気持ちが失せるかも』チェッキネッロ

『チェッキネッロ:ロッシやクラッチローは引退の気持ちが失せるかも』

★ルーチョ・チェッキネッロ氏(ホンダLCR代表)が、先日、次のように話した。

「この自宅待機の間、ちょっとエネルギーを充電できるんじゃないかって思うんですよ。引退を考えていた選手らなんかは特にね。自宅待機をしながら、じっくり考える良い機会になるでしょう。マシンなしだと、どれだけ味気ないかってことが分かると思うんですよ。
ヴァレンティーノ・ロッシがヤマハに契約更新を申し出ても、不思議はないんじゃないんですか。」

【カル・クラッチローも引退を考え、2〜3戦走ってみて決めるような口ぶりだったが…】
「それはレースに対して本人にやる気があるかどうかを見極めるって意味もあるし、それから、ホンダがカルのことをサポートしていく姿勢なのかどうかを確認すると言う意味もあるんですよ。
私の方でもホンダに連絡を入れてみたんで、早々に話し合いができれば良いんですけどね。」
(※クラッチロー選手は現在、ホンダとの直接契約です)

【いまだ開幕の目途が立たず、選手らの契約交渉はどうなりそう?】
「現在の諸々からすると、契約交渉に大きな動きが出るようなことなないでしょう。現在のプロジェクトを変える理由がないわけですからね。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ホンダがクラッチロー後任にポル・エスパルガロを考えている?って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. kai より:

    自宅でトレーニングしてるとはいえ、レースがない現状は引退後の生活を疑似体験してるのかもしれないですね。
    その中でどういう心境になるのか、現役続行の気持ちが固まっても不思議ではないです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP