MotoGP

アレイシ・エスパルガロ『僕の経済状態は変わってしまった…』

『エスパルガロ:僕の経済状態は変わってしまった…』

★新型コロナウイルス蔓延はモトGPライダーの収入にも大きな影響を及ぼしている。

★同ウイルスが収束しても、その後に深刻な経済不況となる可能性がある。

★アレイシ・エスパルガロが、最近、次のように語った。

「厳しい年になってしまって…全メーカーにとって厳しい時期になってますよね。ヨーロッパだけじゃない、残念ながら、日本メーカーだって同じことでしょう。」

【いまだ開幕の目途が立っていないが…】
「まず、今年はレースができるのかどうかですよね。もしできなかったとしたら、どうなんだろう…一体どうなってしまうんですかねぇ。
引退するかもしれないライダーがいるじゃないですか…カル(クラッチロー)とかドヴィツィオーゾとか、ヴァレンティーノ(ロッシ)とか。本人達が引退の可能性を口にしてるわけだから、そうなると空きシートは増えるわけで。それとも、自宅待機を経たら考え直したりするものなんですかねぇ。」

【オートバイ市場は既に3月に大きな打撃を受け、4月はさらに悪化するものと見られているが…】
「もちろん、僕自身の経済状態も変わってしまいましたよ。まぁ、100%分かってましたけどね。それを一番に実感するのは僕なわけだから。
どこも大変な時に、メーカーから金を搾り取ろうなんて無意味なことですからね。」

【シーズン中止と言うことになったら、エスパルガロ選手の現在の収入にも響くのでは?】
「僕はあくまでもレースに出て初めてお金が貰えるわけだから、レースがなければ、当然、貰いようがないんですよ。
しかも、世界中の人間に、そう言ったことが起きているわけで。でも、今は収入なんて二の次ですよ。イタリアは想像以上に大変なことになっているんだから。各メーカーとも、本当に厳しい時期を過ごしているでしょう。」

【2021年はどうなりそう?】
「急いでアプリリアと契約更改をするつもりはありません。来年、何がどうなるのかは分かりませんからね。
アプリリアで僕は上手いこと作業をしてこれてるし、他のメーカーもそのことは分かってくれていると思うんですよ。僕もまだ30才ですしね。
こうして自宅待機をしていると、本当に色々と考えさせられますよね。マシンから気持ちを離すのはそれほど大変なことではないけれど…ただ、モトGP機に乗った時のアドレナリンって言うのは、何物にも変えられないもんですからねぇ。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ロレンソ復帰についてエスパルガロ兄弟が大批判してるって話は有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP