MotoGP

アゴスティーニ『ロレンソと和解の必要なし、喧嘩をしてるわけではない』

『アゴスティーニ:ロレンソと和解の必要なし、喧嘩をしてるわけではない』

★5月23日、ジャコモ・アゴスティーニ(1960〜70年代に世界選手権で活躍した元レーサー。計15回タイトル獲得)が、最近のホルヘ・ロレンソとの口論について次のように話した。

「私はホルヘに、ドゥカティでタイトルを取ってもらいたいと思ってたんですよ。まぁ、そうはならなかったがね。
別に馬鹿なことを言うつもりなんてなかったし、かと言って、『勝ちまくっていた』なんてことを言う気もなかったし。そうならなかったのは残念に思いますけどね。
ホルヘのことは昔から気に入ってたんですよ。見ていて喜ばしい気持ちになるライダーのことは、素晴らしいと思ってるんですよ…ホルヘ然り、ヴァレンティーノ(ロッシ)然り、物凄い偉業を成し遂げた時なんかね。
ただ、そうでない時については、私も嘘を言うわけにはいかないじゃないですか。
和解の必要などはありませんよ。別に私はホルヘと喧嘩したわけではないのだから。むしろ、ずっと彼のことは讃えてきたのだし、今後もそう言う気持ちだから。
私としては、何も変わらないと思ってますけどね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ドゥカティが2005年にブリヂストンタイヤを採用した経緯については無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. へほへも より:

    何かもう同じ話の繰り返しになってきたような…まだ続くのかもしれないけどもうどうでもいい話題になってきた(笑)

  2. TAKUMI より:

    ロレンソもこの人と関わらない方が良いのでは?
    ローソンもチームアゴスティーニ時代、懲り懲りだったようですし。

  3. SL より:

    このおじさんはロレンソのことは年間の総合リザルトだけ見てて、最後はドゥカティで勝てるまでになってたってのを意図的に無視してるのか知らないのか…いや知らないはずはないと思うんだけど…そのせいで話が平行線になってるように見える。全く無駄な口論だった。

  4. ごはんもりもり食べない より:

    おじいちゃん、そのうち誰にも相手にされなくなる説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP