MotoGP

ポル・エスパルガロ『KTMテストは笑顔と進歩に満ちていた!』

『エスパルガロ:KTMテストは笑顔と進歩に満ちていた!』

★5月27〜28日、KTMファクトリーが『Red Bull Ring』でプライベートテストを行った。

★新型コロナウイルス蔓延により長らく続いた自宅待機明け、初のモトGP走行テストとなった。

★KTMは同テストに、オーストリアおよび近隣国在住のスペシャリスト20名を投入した。

★この時期のオーストリアは温暖な気候とは言えないものの、2日間とも快晴となった。

★KTMは開幕前に、さらなるテストの開催を企画しつつ、レース用マテリアルの準備を進めていく意向である。

★ポル・エスパルガロのコメント。

「こんなに長くマシンに乗らなかったことは初めてでしょうね。特にレース用マシンに関しては。だから、序盤セッションはちょっと大変だったけど、速攻でカタールテストの時のようなリズムに戻すことができました。
また、再開できて素晴らしいですよ。皆、そう思ってるんじゃないかな。ピットボックス内も笑顔で一杯だったから。
技術面でもいくつか改善できました。第一優先はマシンへの信頼感を取り戻すことだったんですが、テスト用マテリアルもかなり用意されていたんで…なかなか興味深かったですよ。
天気が良かったんで、マシン関係の実験がけっこうできたんですが、特に、車台や電制システムを改善することができました。
かなり満足しています。今度は開幕戦が楽しみですね。」

★エスパルガロ選手はおもに2020年版マシンで走行し、ペドロサテストライダーはかなり広範囲に渡るテストを行っていた。

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(Photo:Instagram


カピロッシ&メランドリのドゥカティ離脱裏話については有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. いたたわ万歳(浅) より:

    気温12度って寒くない?って思ったけどお日様の恩恵を受けていいテスト日和だったんですね。

    よかったー。

  2. maxtu より:

    テスト後にクルーらに感染者が出てないかどうかやね
    出た場合の対応もこの期間に試せた方が実戦になるんだけど…
    マシン開発、ウィルス対策の両方気にかけるのは大変だ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP