SBK SuperBike

トム・サイクスがBMWに残る可能性は?

『トム・サイクスがBMWに残る可能性は?』

★7月2日、マイケル・ファン・デル・マーク(27才)が2021年、BMWよりスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦することが公表され、SBKパドックを驚愕させた。

★なお、現在、BMWに所属しているトム・サイクスとユージン・ラヴァティのどちらが放出されるかは未定。

★イタリアでSBKに詳しいパオロ・ゴッツィ記者が、サイクス選手の進退について次のような考察をした。

★ファン・デル・マーク選手は高速ライダーではあるが、この6年間、常にファクトリー待遇で参戦しているにも関わらず優勝は3回のみと、業界内での評判は芳しくない。
また、新チームメイトのトプラク・ラズガットリオグルは今シーズン開幕戦でいきなり優勝したことにより、ヤマハ内でNo.1の地位を確立したと見られている。

★BMWがこのようなライダーを引き入れたと言うことは、つまり、現在の所属ライダーに不満を抱いているものと見られる。
昨年のラヴァティ選手は度重なるケガに苦しみ、また、サイクス選手は1周タイムは速いものの、相変わらずリアタイヤ消耗に苦戦している。カワサキ時代も同問題を抱えていたことから、BMW側が問題はマシンではなくライダーにあると考えても不思議はない。

★このため、サイクス自身もBMW離脱を考えている模様で、ヤマハの情報を収集しつつ、ホンダにも目を向けている。特にホンダは収入面でサイクス選手の希望(60万〜90万ユーロ=約7200万〜1億円)に沿う唯一のメーカーである。
例えば、ドゥカティならば20万〜30万ユーロ(約2400万〜3600万円)である。

★収入面を重視するならば、サイクス選手のBMW残留の可能性もあるだろう。今後、マシンがさらに改善される可能性もあるだろうし、ラズガットリオグル/バウティスタ/レディング選手よりはファン・デル・マーク選手と組む方が楽かもしれない。


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


マックス・ビアッジの若い頃のやんちゃな話は無料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP