SBK SuperBike

ラバティ『BMW機はタイトルが取れるようなマシンではないが…』

『ラバティ:BMW機はタイトルが取れるようなマシンではないが…』

★7月2日、マイケル・ファン・デル・マーク(27才)が2021年、BMWよりスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦することが公表され、今後、BMWに所属しているトム・サイクスとユージン・ラヴァティのどちらが放出されるかが取り沙汰されている。

★ラヴァティ選手が最近のインタビューで、次のように話した。

「今、自分にできるいちばん重要なことは、トラックでの自分のレベルや資質がどれほどのものかを証明することですね。
僕はマシン開発を目的にBMW入りしたんですが、冬季テスト中、このS1000RR機がチャンピオン候補になれるようなマシンじゃないと言うことに気づき、チーム側にも話してあります。
僕の目標は、今年、これを勝利マシンに仕立てることなんです…来年、タイトル争いができるようなマシンにね。
この半年間、コロナウイルスのせいでレース休止となっていたが、再開したら、将来に向けて有用なリザルトを獲得していかないとね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(Photo:Instagram


なぜビアッジは最高峰タイトルが取れなかったのか?って話は有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP