MotoGP

クアルタラロー『絶対優勝なんて誰からも言われてない』2020チェコGP

『クアルタラロー:絶対優勝なんて誰からも言われてない』

★8月7日、チェコGPでファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)が、FP1で13位を、FP2で首位を獲得した。なお、FP総合も首位。

★クアルタラロー選手のコメント。

「ちょっと大変だったんですよ。確かに1周タイムは良いけれど、好ペースを維持するのがちょっと厄介で。だから、今日は満足してないんです。まぁ、フランコ(モルビデッリ)にかなり接近はしてますけどね。今、彼が一番ペースが良いから。」

【とにかく、首位タイムだし…】
「こんなに速いタイムが出るとは思ってませんでした。この時の周回は、けっこうミスしまくってたんで。でも、とにかく、ペース作業をもっとしなければならないんです。」

【問題点は?】
「マシンの走り心地は良いんですが、タイヤのタレが酷くて…みんな、苦労してるんですけどね。フランコぐらいですよ…あまり苦戦してないのは。
マシンの走り心地とタイヤコントロールは別物ですから。なにが問題かは分かってるんで、あとは解決するだけです。」

【ヤマハ機は路面グリップが足りないと苦戦してしまうの?】
「うちにとっては問題ですね。ドゥカティ機だとマシンそのものの加速を活用できますけどね。
今日、リアタイヤが滑りまくって、びっくりしました。ミシュランの新タイヤで、こんなことは今までなかったんで。とにかく、作業を続けて解決しないと。」

【ホールショットデバイスでの対ウイリー措置は、スタート時だけでなく、走行中も活用しているの?】
「試しているところだけど、けっこう難しいんですよね。多分、ドゥカティ機とは機能の仕方が違うみたいで、どのタイミングで使うのが正しいのか分かりにくいんですよ。」

【しかし、今日、ドゥカティ勢は苦戦していたが…】
「ちょっと驚きました。でも、まだ初日だし、それほど重要なことではないでしょ。ここのトラックはヘレスとは完全に別物で、上手く合わせていかなければならないから。
ブルノでドゥカティ機はいつも速いし、多分、ドヴィツィオーゾは何かのテスト作業をしてるんじゃないんですか。レースになったら前に出てきますよ。ミラーやペトルッチもね。
あっ、それと…この場を借りて、バニャイアにお見舞いを言わせて下さい。早く回復できるよう祈ってます。」

【ヘレス2連勝の後だからプレッシャーを感じる?】
「これまでのキャリアで学んだことが1つあるんですが…もし誰かに『勝たなければならないぞ』って言われたら、そう言うのは右から左に聞き流せば良いってことです。
何をすべきかは僕が決めることだし、チームも分かってくれてますから。チーム内では誰からも勝たなければなんて言われてません。ただ、ベストを尽くすようにと言われてるだけなんで、有り難く思ってます。
そう言うモチベーションの上げ方は好きなんですよね。」

【レース本番でヤマハ機は加速で苦戦しそう?】
「うちのマシンの長所短所は分かっているので、あとは上手く合わせていくだけですから。
こことオーストリアは厳しいだろうけど、それ以降はうちに有利なトラックが回ってきますしね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)

POSTED COMMENT

  1. ジョルジョ99 より:

    フランコと中上君が好調でヴァレ、ファビオが苦労して、有利なはずのドカも苦しんでと!更にホンダもはっきりしないとなると。
    マシンの傾向性が図れないんじゃ?セッティングもライダーとタイヤに合わせるか、路面に合わせるか迷うし、これで温度の問題が加わると決勝大荒れの予感。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP