MotoGP

リンス『選手2人がタイトル争いをしていて、スズキは手放しでは喜べない…』2020テルエルGP

『リンス:選手2人がタイトル争いをしていて、スズキは手放しでは喜べない…』

★10月25日(日)、テルエルGP決勝戦でアレックス・リンス(スズキファクトリー)が2位だった。

★チームメイトのジョアン・ミールは3位でゴールし、総合首位を固持した。

★リンス選手のコメント。

「良いレースでしたね。モルビデッリは物凄かったですよ。抜けそうな可能性なんて皆無だったから。とにかく、速すぎなんですよ。でも、いずれにせよ、僕は自分のレースに満足しています。
今日はちょっとタイヤで苦戦してしまって。ただ、先週もレース終盤はちょっとスリップで苦労していたし…。ラスト7周と言うところで、ジョアンをけっこう引き離せてたんで、2位獲得は大丈夫だなって安心しました。タイトル争いには重要ですからね。」

【リンス選手は総合首位ミール選手とは32ポイント差で、いまだ上位5選手がタイトル争いに加わっている状態だが…】
「ジョアンにそれほど引き離されてはいませんからね。厳しいだろうし、ブリヴィオやチームにとっては手放しで喜んではいられない状況で…選手2人ともタイトル争いをしているわけだから。
確かにミールは速いし、安定しているけれど、僕は僕で可能性がありますからね。うち以外、今年は皆、浮き沈みが激しいでしょ。うちはわりに安定してますからね。
ヴァレンシアで頑張ります。あそこは好きなトラックだから。ただ、あそこはヤマハ機が速そうなんですよね。金曜セッションからプッシュしていかないと。」


(参照サイト:『Gpone』)

リンス選手が「ミールが迫ってくるから僕も頑張れる!」って言ってる話は、note『アラゴンGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
FromBasic
¥3,980
(2020/11/25 12:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP