MotoGP

『バニャイアはロレンソだけでなくドヴィやストーナーにも似てる』ピッロ

『ピッロ:バニャイアはロレンソだけでなくドヴィやストーナーにも似てる』

★9月19日、サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP決勝戦でフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)が優勝した。

★アラゴンGPに引き続き、2回連続ポール・トゥ・ウィンである。

★バニャイア選手のライディングについて、マックス・ビアッジは自身に似ていると発言し、ホルヘ・ロレンソも自身のライディングを彷彿させると明言している。

★ドゥカティのテストライダーであるミケーレ・ピッロが、バニャイア選手について次のように話した。

「ライディングスタイルに関しては、ロレンソに似ていますね。ただ、ペッコ(バニャイア)のデータを見ると、もっと色々なことが分かってくるんですよ。
ペッコはドヴィツィオーゾ風ハードブレーキングに、ロレンソ風コーナー中盤、ストーナー風のコーナー立ち上がりってとこでね。
現在のモトGP機を引き立てるような特性で、ドゥカティ機の資質を極限まで引き出しつつ、マシンの欠点のせいで失速してしまうことがないんですよ。
ブレーキングやフロントに対する、フィーリングの掴み方がとんでもなくって…空いてるスペースに突っ込んで行く時、実にレベルの高いことをするんですよ…剃刀の刃みたいな感じでねぇ。
アラゴン戦では自分の強みを遺憾なく発揮し…マルケスがあらゆることを試みていたのに、みごとに抑え込んでいたでしょ。あんなにマシンを乗りこなせているライダーはいないし、しかも、状況を上手く乗り切る力もあるから。
今回の首位独走レースも凄かったじゃないですか…頭脳的で質が高いんですよ。」

【タイトル争いについては?】
「あんな感じの走りをしていて、今、クアルタラローと48ポイント差なんてねぇ…ムカつきますよ。唯一悔やまれるのは、ムジェッロとオーストリア、シルヴァーストンが0ポイントになってしまったことで…どれここれもツイてなかったんですよねぇ。」

(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)
(Photo:Instagram

バニャイアが「どんな環境にいるかが重要なこともある」って言った話は、『2021アラゴンGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,583
(2021/10/21 20:40:08時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 9191 より:

    バニャイアは男前グランプリならぶっちぎりの1位だと思う。

  2. maxtu より:

    これはイタリアメディア発信記事ですかね?
    バニャイヤ、モルビデッリ、バスティアニーニ、ルカとヴァレ以来のイタリアン王者とポストヴァレのようなスターライダー探しが熾烈

    こうみると最近のHONDAはイタリア人が少ないね
    皇帝?ドヴィ以来?
    逆に今のYAMAHAは3人も居る(笑)
    VR46次第だけどDUCATIとのパッケージが増えてきそう

  3. へほへも より:

    同感

  4. 鯖通り より:

    個人的には現役で一番ストーナーに近いライディングしてるのはクワルタラロだと思いますね。
    ペッコのスタイルは体格を別にすればペドロサに似てるような。

  5. いぶし銀 より:

    こう見ると坂田さんがよく言ってる「チャンピオンを取りたいならノーポイントは2回まで」の説得力がすごい。

  6. タディの星に願いを より:

    テストライダーが言うことが本当なら、説得力あるし、ピッロのスキルも大したもんだし、バニャイアは万能じゃないか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP