MotoGP

ミル『がっかり…全力で頑張ってもタイトルが取れない…』2021サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP

『ミール:がっかり…全力で頑張ってもタイトルが取れない…』

★9月19日、サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP決勝戦でジョアン・ミール(スズキファクトリー)がグリッド11位スタートから6位でゴールした。

★総合順位は首位クアルタラロー(234ポイント)、2位バニャイア(186ポイント)、3位ミール(167ポイント)、4位ザルコ(141ポイント)、5位ミラー(140ポイント)。

★ミール選手のコメント。

「がっかりです。今回はもう少し違う見通しでいたんですが、オーバーテイクが上手くいかないことが頻繁にあり…おそらく、原因はフロントのタイヤ選択を間違えたことにもあるのでしょう。
優勝争いと言うよりは、なんとか生き残らなければと言う想いで走ってました。今後のテストではマシン改善を目指し…今シーズン残りレースで発揮したいと思っているポテンシャルに、たどり着けるかどうか…。
思っているようなポジションに上がれず、ストレスを感じてます。
レース終盤、マルケスのホンダ機やミラーのドゥカティ機と4位争いをしたけど、グリーンゾーンと僕もミスのせいで6位になってしまったんです。ただ、その時点ではもう楽しめれば良いやって感じだったんで、4位も6位も変わらないだろう…と。今回のレースは100%の力を出し切ったけど、またもやそれだけでは駄目だったと言うことです。」

【タイトル獲得が無理そうならば、スタイルを変えて、もっとリスクを負って走ってみる?】
「リスクは常に負ってます。常に全力でレースに挑んでいるんで、ライディングスタイルを変えるつもりはありません。今後のレースで優勝獲得のチャンスが訪れたら、多分、さらにリスクは負うでしょう…もしかしたら、それでミスってしまうかもしれないけど。いつものレースとは違う操縦もチャレンジしてみますよ。」

【テストでは今後のレースに向け…そして、来シーズンに向けて、役に立ちそうなものは用意されているの?】
「まだ具体的なことは知らないんですよ。もちろん、ホールショットデバイスには手を入れていくだろうし、あと、戦闘力を上げるにはブレーキングも進化させる必要があるんですよね。」

【では、来年、同じ問題が起きないよう…次のタイトル争いに向け、残りレース自体がテストになっていきそう?】
「基本的にはそうです。僕自身はライダーとして伸びていますから。勝てるポテンシャルはあったんです。今年はあまりミスもしなかったのに…常に全力で頑張っているのに、タイトルが取れないんですからね。やはり、ムカつきますよ。
ただ、ポジティブ面としては、スズキが同じ方向に進んでくれていると言うことですね。双方とも、なにが問題点なのかは分かっているし、懸命に作業してくれてるんです。ただ、そう簡単に改善できることではないんですよ。だから、今後のレースは全て、来年のための準備と思って活用していきます。もしかしたら、解決策とか異なる戦略なんかを試せるかもしれないし。」

(参照サイト:『Gpone』)

スズキはブリヴィオ離脱の影響が出始めている…って話は、『2021アラゴンGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥976
(2021/10/20 23:19:45時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    マシンに差があるとそこが気になるんだろうけど
    最近はマシンへの文句チームへの文句が露骨に増えてきた
    どうも絶好調ファビオの乗るM1やペッコのデスモセディチが隣の芝生になってるような…

    正直コンスタント性はあるが一発の速さはチャンピオンを獲った去年の時点で
    ファビオよりモルビデリよりオリベイラよりも無かった(単純に優勝回数から見て)
    優勝も今年はまだ一度も無いが去年も一回だった

    ちょうど去年のチャンピオンシップと同じ14戦が終了したが
    ポイントは去年が171で今年が167でさほど差は無し
    リタイアが減ってるのでむしろコンスタント性は今年のが上かもしれない

    一方のファビオ
    去年は127で今年は234
    一発の速さのある男がコンスタント性まで得てるからこりゃ強い

    ペッコも
    去年は怪我もあり47と散々なのに今年は186で
    ミルのチャンピオン獲得ポイント数を2位で超えている
    今季絶好調のファビオに隠れてしまったがリタイアも一回で
    コンスタントであり優勝も多い

    勿論ミルの熱望していたライドハイトアジャスター含めたマシンの格差もあるのかもしれないが
    僕はミルの現在位置ってポイントから見ても昨シーズンとほぼ差が無くて
    良い悪いじゃなくここが彼の今の実力なんだと思っている
    怪我やメンタルで調子を落としてた奴らが今季整えてきてミルは変わらずに居る感じ

    moto3から好きなライダーだから応援してる
    でも今みたいに移籍をちらつかせたり結局契約満了で移籍となったりすると
    ヴィニャと同じく理想のメーカーを探して三千里の旅になってしまうかもしれない笑
    彼もまたロレンソやロッシの乗る青い芝生を食べにSUZUKIを旅立ってしまったから…

    それはそうとSUZUKIはチーム規模も小さいしサテライトも作らないし
    きっとミルが望むほどのやる気は無いとは思う笑
    昨今のコロナで撤退してもおかしくないのによく耐えてるなと思うほどに

  2. ミルを観てるとローソンを思い出す。 より:

    スズキのマシンは今年もエンジンのパンチ力が足りないね。
    エンジンの改善でKTMとアプリリアに置いてかれてしまった。

  3. CBR400R より:

    ずっと待ってたライドハイドアジャスターが今のところ
    上手く機能していなくてかわいそう過ぎる。
    ミールは速いマシンに乗ったら常にトップグループを走る選手だと思っている。

  4. すぱおー より:

    ミルのような長身ライダーでも速くできるマシンだしVR46とのコラボが見たかった…スズキさん少しだけ頑張ってくれませんかね。

  5. maxtu より:

    > タイトル獲得が無理そうならば、スタイルを変えて、もっとリスクを負って走ってみる?

    やはりこのキーワードとミルは戦い続けることになるよねぇ…かつてのエディのように

  6. 9191 より:

    ミールもチーム批判でアプリリア行きだな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP