Dakar

ペトルッチ日報1/12『昨日は表彰台に上がれそうだったのにねぇ』ダカール2022

『ペトルッチ:昨日は表彰台に上がれそうだったのにねぇ』

★第44回ダカールラリーが2022年1月1〜14日の日程で、サウジアラビア西部のジッダから開始した。

★1月12日、二輪車両部門のステージ10は総走行距離は759kmで、スペシャルステージ(競技区間)が374km。
(※リザルトはこちら)。

★今年は、元モトGPライダーのダニーロ・ペトルッチが『TECH 3 KTM FACTORY RACING』より初参戦しているが、ステージ2でDNF(※未完走)となったため『DAKAR EXPERIENCE』レギュレーションが適用され、各ステージ順位は得られるが、総合順位からは外されている。

★ペトルッチ選手はステージ10を11位でゴールした(+7’53″)。10位とは25秒差。
ペトルッチ選手は12位でゴールしたが、パブロ・クインタニージャに2分加算ペナルティが科せられたため11位に昇格した。

★ペトルッチ選手がビバーク(宿営地)に到着した際、次のように話した。

「昨日のことを思えば、今日はポジティブな1日でしたね。
今日はリスクを負いたくなくって…砂漠ステージはあまり好きじゃないってこともあるんですけどね。
明日も砂丘だらけで同じようなコンディションだから、ちょっとチーマ・コッピ(ジーロ・デ・イタリアで最も高い標高の峠を指す)みたいな感じで、今回のダカールの命運がかかってるんじゃないんですか。僕は大きな野望は抱いてないんで、ライブ観戦させてもらいますよ。
石だらけ岩だらけの固い地面は向いてるようなんだけど、砂丘に関してはまだまだ経験不足って感じでねぇ。
今日は完走することが目標だったんで、最大プッシュはしませんでした。ただ、昨日は表彰台に上がれそうだったのに…まぁ、多くは語らないでおきますか。
明日のステージに集中した方が良いだろうし、タイトル争いをしている選手らの走りを堪能させてもらいますよ。」


(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo & Video:Instagram

ペトルッチが『どん底からてっぺん目指して頑張って、最後は最下位で終わる(笑)』…って言った話は、『無料note記事』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP