MotoGP

コシンスキー、18億円で邸宅を売りに出す

『コシンスキー、18億円で自宅を売りに出す』

ジョン・コシンスキー(53才、アメリカ出身、1990年250cc総合優勝)が昨年12月、ハリウッドの邸宅を1580万ドル(約17億9600万円)で売りに出した。

★コシンスキー元選手が有名建築家に設計を依頼した邸宅で、2019年に完成した際の見積り価格は3000万ドル(約34億円)。本人は一度も住んでいない。
ロサンゼルス中心部に位置し、海辺の景観を楽しむことができる。寝室4つ、トイレ付き浴室4つ、トイレ3つ、キッチン、ラウンジ、シアタールーム、図書ルーム、800本収蔵可能なワインセラー(※コシンスキー元選手は下戸)、庭園、プール、ガレージ付き。

★ちなみにコシンスキー元選手は現役時代、潔癖症で有名であり、各セッション後、毎回、ライダースーツの汚れを落としていた。
また、ファッションでも話題を振りまき、1992年末、冬のさなかにTシャツと半ズボン姿でイタリアのカジヴァ本社を見学したりしていた。

★コシンスキー元選手のプロフィールは以下のとおり。

1988年、250ccクラスに2回ワイルドカード参戦(4位/5位)。
1989年、250ccクラスに2回ワイルドカード参戦し、2回とも優勝。
1990年、250ccクラスにヤマハ機で初フル参戦し、総合優勝(優勝7回)。
1991年から500ccクラスにヤマハ機でフル参戦を始め、ベストリザルトは1992年の総合3位。
1994年から同クラスにカジヴァ機でフル参戦し、総合3位を獲得。
1996年、SBKにドゥカティ機でフル参戦し、総合3位を獲得。
1997年、SBKにホンダ機でフル参戦し、総合首位を獲得。
1998年より500ccクラスにホンダ機でフル参戦する。
2001〜2002年にヤマハのテストライダーを務め、メーカー側はモトGP参戦させようと計画していたが、結局、本人の意思により引退。

(参照サイト:『Moto.it』)
(参照サイト:『Gpone』)

モトGP特訓のための市販機トレーニングは有効なのか?って話は、note『バニャイア解説:市販機でのモトGPトレーニングは有効なのか?』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. fuji より:

    アメリカじゃこんな大邸宅でも風呂にトイレ付けるのか。

  2. たんぼ より:

    一度も住んでいない家を半値で手放すとは
    ビバリーヒルズの不動産業でよっぽど稼いでる
    んでしょうか、それとも…

  3. nav. より:

    天才とは言え、500では結局チャンピオンになれなかったけど、こんなにめちゃくちゃ儲けたんですね!
    今のご時世では中々有り得ないことですよね?

  4. maxtu より:

    プロフィールの凄いこと
    これだけを見れば天才的な才能だったのは間違いないよね

  5. fuji より:

    1993年のスズキ250㏄が抜けてる

  6. ジャックミドルブルグ より:

    > 1993年のスズキ250㏄が抜けてる

    ある意味、黒歴史だからかしら?

  7. POP84 より:

    アーブさんのインタビューで資金不足の為にNSRをコシンスキーの好みにモディファイできなかったことを悔やんぢたのを思い出しますね。

  8. john19 より:

    久しぶりにコシンスキーの話題がでてきて嬉しい。

    もう若い方は知らないライダーになってきたかな?

    ヤマハとカジバの500では結構速かったですね。
    カジバが撤退しなければなぁ。せっかくローソン加入以降パフォーマンスがあがっただけにもったいなかった。
    V594最終型は見た目も美しかったし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP