MotoGP

バニャイア『成長しなければ…こんなミスをしてたらタイトル獲得なんてできない』2022フランスGP

使用済

『バニャイア:成長しなければ…こんなミスをしてたらタイトル獲得なんてできない』

★5月15日(日)、フランスGP モトGPクラス決勝でフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)が2位を走行中に転倒リタイアした。

★長らく首位を固持したもののエネア・バスティアニーニ(※2021年版ドゥカティ機を使用)に抜かれ、一度は抜き返したものの、その後、転倒してしまった。

★今シーズンはチャンピオン最有力候補と目されながら、新ドゥカティ機がなかなか仕上がらずに苦戦し、前回のヘレス戦で総合5位まで返り咲いたものの、今回、総合7位(首位と46ポイント差)に落ちてしまった。

★バニャイア選手のコメント。

「あの瞬間まで完璧なレースをしていました…上手くコントロールできていたし、ペースも良かったし。
エネアが追いついて来た時、去年のアラゴン戦でマルク・マルケス相手にしたのと同じ作戦を取ることにし…すぐに抜き返しました。
ところが、第8コーナーでミスってしまい…今日はブレーキングでフロントタイヤがロックしがちだったため、膨らんでしまって…。
ハードブレーキングを強くかけすぎて…腹の底では、すぐに抜き返さない方が良いと言う気持ちもあって…アッと言う間に転倒してしまうと分かってたせいもあるんですが…。
最後から2番目のコーナーに強く入って行き過ぎたんです…25ポイント取り損ねてしまいました。」

【無理をしてたの?】
「自分のペースを維持して走ってました…昨日のFP4や今朝のウォームアップで出していたペースです。
唯一の違いと言えば、フロントタイヤをソフトからミディアムに変えたことぐらいですね。気温が上がったんで変えたんです。ただ、問題はそこではないんで。」

【では、どこが問題だったの?】
「いつもより少し遅く走ってただけで…とにかく、データを見ただけでは良く分からないんですよ。今は、ただただムカついてます。」

【バスティアニーニ選手が前に出た時は驚いた?】
「いいえ…強いて言うなら、クアルタラローじゃないってことには驚きましたけどね。
今も言った通り、ヘレス同様、すべて順調に行ってたんです…ヘレスでは暑ささえ問題にならなかったんですから。
エネアが好ペースだってことは分かってたし、第1セクターでは僕より速いぐらいで…僕は後半セクターの方が速かったんです。
いったい何がどうなってしまったのか…考える時間もちょっとあるし、改善する時間もあるわけだから。とにかく、こんなミスをしてたらタイトル獲得なんてできっこないんですから。
もう、僕は成長しなければならない時なんです。」

【具体的に言うと…?】
「ある種のミスを、もうするわけにはいかないんですよ。去年のムジェッロ転倒は別の理由からだったし(※モト3選手の事故死に動揺してしまった)、ミザノ転倒は極端なタイヤ選択をしてしまったからでした。でも、今日のは未熟さからなんです。
一番のミスは第8コーナーで膨らんでしまったことで…エネアがもっと接近して来てると思い、抜き返されてはいけないって思ったんです。あの瞬間、(またプッシュし始める前に)ちょっと呼吸をしておこうと思い…そうしたら、転倒してしまいました。
マシンの乗り心地が格別に良いなら、どれだけ限界ギリギリの走りをしてるか気づきもしないこともあるんですよ。
僕は大量のポイントを取り逃し、ここまでの7戦中3戦で散々な結果になってるんです。
今回の唯一の慰めは優勝争い中の転倒だったってことぐらいで…とにかく、ムカついてます。」

【バスティアニーニ選手が『ペッコがチームメイトはジャック・ミラーが良いと言ってる記事を読んだ』と話していたが…】
「ジャックとは2019年から組んでいて、気心もしれてるんです。もし僕が決めれるなら一番にジャックを選んで当然じゃないですか…ジャックと一緒に作業するのが好きなんですから。
でも、決めるのはドゥカティだし、エネアになろうとマルティンになろうと僕は問題ないですよ。これまで僕はチームメイトとは常に良好関係なんですから。
しかも、エネアはファクトリーに昇格しても当然なリザルトを出してるんだし。」

【次がムジェッロで助かった?】
「なんて言っていいのやら…大好きなトラックでホームレースだし、去年はかなり高い戦闘力を出せてたけど、あんなことになってしまったし…。
今後巡ってくる他のトラック同様、うちにとっては良いトラックだと思いますけどね。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Moto.it』)

クアルタラローは『アスリート』、バニャイアは『アーティスト』って話は、『2022 スペインGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,080
(2022/07/01 18:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    振り返ればペッコちゃまはMoto2昇格時にはMotoGP決まってたわけで ファクトリー入りもトントンで決まった決まったプリンスだから、そういう意味でメンタルは未熟かも その反面 アレイシは叩き上げタイプで強いよね

  2. ジョアんミルミル より:

    プールで気持ちよく泳いでいたペッコ。
    そこに腹を空かした、
    ピンクの目をしたエネア種のピラニアを
    放りこまれたらパニくっちゃいますよね。

  3. 田中 より:

    今回の結果でペッコとエネアが二人のファクトリー体制はチームとして厳しい、とドカの上層部が判断するのかな?

  4. スペンサーレプリカ より:

    この転倒(負け方)はメンタルに響きそうで心配。

    頑張れペッコ!

  5. としあき より:

    いやいやどう見ても以前マルケスに一旦抜かれた時と対応違ってましたよ
    あのときは「あのマルケスを未勝利ライダーがドヴィみたいにあしらってるのか!」
    ってびっくりしたぐらいの見事な捌きっぷりだったのに

    今回はバスティアニーニに抜かれた瞬間
    ペッコのライディングがライオンみたいに激しくなって…
    こういう気迫のライディングもできるのか!と思ったらオーバーランして…
    そして転倒…どう見ても記事で本人が語るほど冷静には見えなかったよ…

  6. キジトラ より:

    本人が言っている事を真っ向から否定ってどうなの?
    選手や関係者を見下したりと、ここの掲示板もYahoo化してきてる

  7. としあき より:

    プーチやペルナットやヴィニャにラザリの言ってる事はしょっちゅう真っ向から否定されてるよ笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP