MotoGP

2022タイGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

『2022タイGP モトGP FP1リザルト&トピックス』

★9月30日(金)、タイGP モトGPクラスのFP1が行われた。

★ドライセッション。天気予報によれば、今週末はほぼ雨なので、ドライセッションは同セッションのみかもしれず、タイムアタック祭りとなった。

★首位から14位までのタイム差が0.5秒未満。

★ホンダ

首位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、1’30″523)。日本GPではPPを獲得していたが、ドライセッションでも首位獲得。序盤、ハードブレーキングで膨らみ、第3コーナーでスリップ転倒。その後も何度か膨らんでいた。なお、同トラックでは2018/2019年しか開催されておらず、その2回ともマルケス選手が優勝している。
チームメイトのポル・エスパルガロは14位。

21位アレックス・マルケス(ホンダLCR)。
チームメイトのテツタ・ナガシマは24位(テストライダー、最下位)。タカアキ・ナカガミの代役。

★ヤマハ

2位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー、+0.032)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは8位(愛称は『フランキー、モルビド』)。

11位カル・クラッチロー(ヤマハWithU RNF)。引退したアンドレア・ドヴィツィオーゾ後任。
チームメイトのダリン・ビンダーは23位(ルーキー)。

※ヤマハ機は同トラックで好調そう。

★ドゥカティ

3位ジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは6位(愛称は『ペッコ』)。

4位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟、愛称は『マロ』)。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは18位(ルーキー、愛称は『ベス』)。

9位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ、愛称は『ベスティア』)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは13位(ルーキー、愛称は『ディッジャ』)。

10位ホルヘ・マルティン(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのヨハン・ザルコは12位。

★ドゥカティ選手5名がトップ10入り。

★スズキ

5位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。終盤、スムーズな1周がなかなかできずにいた。自己ベストはチェッカーフラッグぎりぎりで記録。トップ10入りと言う目標は達成できた。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは22位(+2.183)。ジョアン・ミールの代役。スズキ機に初乗り。

★KTM

7位ミゲル・オリヴェイラ(KTMファクトリー)。序盤、第12コーナーでスリップ転倒。
チームメイトのブラッド・ビンダーは15位。

19位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは20位(ルーキー)。

★アプリリア

16位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、+0.564)。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは17位(+0.637)。

※アプリリア機はオーストリアGPの際、高温時のリアタイヤのカーカスが合わずに苦戦していた。今回も同じ状況かも。

『2022 タイGP モトGP FP1リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
カップヌードル
¥2,149
(2022/12/03 20:27:44時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 伝え反り より:

    呆れるほどスゴイわ、お兄ちゃん。

  2. うに より:

    モルビデリ8位。良いですねーFP2で延ばせるか。

    サーキットのまわりは結構降ってるみたいだけど、今後どうなるか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP