SuperBike

ヤマハSBK:エンジン250回転引き上げ決定

『ヤマハSBK:エンジン250回転引き上げ決定』

★7月27日、スーパーバイク世界選手権(SBK)のチェコラウンド(7/28〜30)から、ヤマハR1機のエンジンが250回転引き上げられることがFIM(国際モーターサイクリズム連盟)およびドルナより公表された。

★ヤマハ側が同コンセッションの使用を決め、これまでの14,950回転から15,200回転に引き上げられる。

★なお、開幕時および6ラウンド終了時の回転数は以下のとおりで、ヤマハはこれまで変更なしで参戦し続けていた。

・2023年シーズン開幕時の各メーカー機のエンジン回転数の上限(レブリミット)

ドゥカティ:16,100回転
カワサキ:14,600回転
ヤマハ:14,950回転
BMW:15,500回転
ホンダ:15,600回転

・6ラウンド終了時(※7/13に決定)

ドゥカティ:15,600回転(※さらに250回転引き下げ)
カワサキ:15,100回転(※さらに250回転引き上げ)※ただし、カワサキ側の意向で同コンセッションは使用していない
ヤマハ:14,950回転(※変更なし)
BMW:15,500回転(※変更なし)
ホンダ:15,600回転(※変更なし)

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

オランダGP決勝戦を左右した5つの鍵については、『無料note』でどうぞ!

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,682
(2024/06/15 17:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP