MotoGP

ペドロサ『テストライダーの心得とは?』

『ペドロサ:テストライダーの心得とは?』

ダニ・ペドロサ(37才)は2006年にホンダファクトリーからモトGP昇格し、2007/2010/2012年に総合2位を獲得した。
2018年末に引退し、2019年よりKTMのモトGPテストライダーを務めている。
ワイルドカード参戦は2021年の決勝で10位、2023年のスプリント/決勝でともに4位を獲得した。

★『DAZN』およびドルナ(モトGP運営会社)により制作されたドキュメンタリー『Test Rider』のなかで、ペドロサ元選手が次のように話した。

【KTMは2017年にモトGP参戦を始め、2020年にブラッド・ビンダーにより初優勝を獲得したが…】
「コロナが流行っていた年ですよね…うちはかなり良いマシンを投入できたんですよ。何戦か後に初優勝を遂げたわけだから。」

【貴方の仕事のおかげでもある…】
「(テストライダーと言うのは)良いものと悪いものを分別できなければ駄目なんです…何か試したら、きちんと分析できなければ駄目なんですよ。
もしマシンのどこかの点についてエンジニア陣の間で意見が割れたら、(テストライダーは)各決定が非常に重要なものなんだときちんと把握していなければならないんです。
しっかりとしたリーダーとなり、どの方向に進むべきかをきちんと言う必要がありますね。
もしミスったら、そのプロジェクトはあらぬ方向に進んで行ってしまい…その1年間、不利になってしまうんだから。」

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

カタールGP決勝戦を左右した5つの鍵については、『無料note』でどうぞ!

created by Rinker
¥510
(2024/02/27 10:16:29時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 70 より:

    う~ん…
    ブラッド氏以外は表彰台から程遠いから、まだまだ良いマシンとは言えないですね…
    今のデスモセディチが良過ぎるんだろうけど。

  2. maxtu より:

    以前のブラドルが語ったテストライダー像とは全く違うと言っていいほどの責任、信頼を感じるよねぇ

    これはメーカー側の問題なのか、ライダー側の問題なのか…
    いつかテストライダーを続けられない年齢になっても他の役職でも必要とされる人材にならないとね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP