MotoGP

ドゥカティ、コンセッション不満『まるで荷物を背負って走ってるようなもの…』ドメニカーリ

『ドメニカーリ:まるで荷物を背負って走ってるようなもの…』

★2023年11月末、モトGPにおいてコンセッション(優遇措置)に関する新レギュレーションが発布された。

★同レギュレーション改定は大苦戦中の日本メーカーを救済するためのものだったが、結局、KTMやアプリリアに大きなメリットを与える形となった。
一方、2年連続でタイトルを獲得したドゥカティはワイルドカード参戦もできなくなり、マシン開発において制限を科せられてしまった。

★ドゥカティのクラウディオ・ドメニカーリCEOが、伊サイト『Gpone』のインタビューで次のように話した。

【2024年から新コンセッション(優遇措置)となったが…】
「モトGP運営団体が一連のレギュレーションを発布し、結局、ドゥカティ以外の全メーカーが恩恵をこうむっているわけですよ…ワイルドカード参戦のおかげで、マシン開発を進めていけるんだから。
しかも、ドゥカティは(テストでの)使用タイヤ本数も制限されてしまって…他メーカーは開発プロセスをきちんと管理できなかったくせに、大きく優遇されることとなったわけですよ。」

【ドゥカティも同レギュレーション改定に賛成したのでは…】
「荷物を背負って走ってるようなもんだから、当然、以前のようには速くないわけで…
(同改定に)賛成はしましたよ…制限が科せられると覚悟してね。」

★なお、3GPが終えた現在、ライダー/コンストラクター/チーム部門の全てでドゥカティが首位に立っている。

(参照サイト:『Motorcyclesports.net』)
(Photo:Twitter

created by Rinker
ドゥカティ
¥32,980
(2024/05/21 16:59:56時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ワサビ より:

    いやソレがあったからこそ
    今のドカがあるんやろ

  2. としあき より:

    HONDAでマルケスが4連覇かつ最多獲得ポイントを達成したときですら
    ここまで懲罰的な開発制限なんかはなかったのに

  3. 岸本ジョン より:

    ドカは8台も参戦しているのだから優遇措置を受けてるのと同じですよ
    王者の貫禄を見せましょうよ

  4. バリー#7 より:

    不満を口にしてはいけないというレギュレーションは無いからね
    こういうメンタルも日本メーカーに欠けているところで。日本人の美意識にはそぐわない発言とは思うけど

  5. nanasi より:

    といっても現状ドカ以外はヴィニャとアコスタが絶好調なだけで去年とあまり差は無いんですけどね
    6月くらいから目に見えるくらいマシン差が縮まればいいけど

  6. maxtu より:

    欧米のCEOなら当たり前の発言やね
    バリーさんと同じく日本メーカーの責任者もひと噛みつきぐらい牽制しないとね
    KTMと舌戦した中本氏ぐらいの人はもう出てこないのかな

  7. キューブ より:

    「ドゥカティだけ優遇処置が無いなんて光栄です」って言えたら本物の王者でしたね。残念。

  8. TBN より:

    欧州サッカー慣れしてるからなんとも感じないけど
    (あっちの方がもっと言い方がひどい)
    日本人感覚だと不快感につながるんだねぇ

  9. はじめて部品購入した方へ より:

    西洋人の立ち居振る舞いがみっともないのは昔からで驚かない

  10. うに より:

    欧州MotoGP慣れしてるからなんとも感じませんけどね。

    「時代は」「社会は」「欧米は」自分の考えがない人ほど主語が大きくなる。

    アイキューブドシステムズの広告より

  11. グゥちゃん より:

    CEO、いい革ジャン着てるな。オーダーかしら、どこかで買えるのかな。

  12. グウちゃん より:

    ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP