MotoGP

マルク・マルケス『どこのチームでもメーカーでも良いから、来年は最新機に乗りたい!』

『マルケス:どこのチームでもメーカーでも良いから、来年は最新機に乗りたい!』

★5月10〜12日、フランスGP(ル・マン)が行われた。

★12日(日)、マルク・マルケス(ドゥカティグレジーニ)が決勝でグリッド13位からスタートし、2位を獲得した。

★スペインGP決勝ではフランチェスコ・バニャイアとの競り合いに敗れたが、今回は雪辱を果たした。

★決勝後、マルケス選手がイタリア衛星放送『Sky』のインタビューで、次のように話した。

【スプリント終了後、『これほど良いスタートを切るのは、もう無理だ』と言っていたが…】
「今日のは普通でしたね…昨日は現実離れしてたけど。
今日は良いスタートを切って、第1ラップを良い感じで周りました。上手く前の方に出ていけたんで。その後はタイミングを図りつつ、徐々にレースを立て直していく必要があって…。
終盤はけっこう強い走りができるって分かってたし、上位2人に追いついて行けましたからね…でも、抜くのは大変だったんですよ。2人ともブレーキングが最強で。
ターゲットが1人の時は『抜いてしまおう!』って思えるけど、2人だと全てが大変なんですよ。」

【スプリント終了後、『(決勝で)トップ5入りは無理だろう』とも言っていたが…】
「昨日は『(決勝で)表彰台は無理だ』とも言っていたんですよね…とにかく、オーバーテイクが難しいんで。
集団の中にいるとフロントのタイヤ圧が上がるから、全てが変わってしまうんですよ。
僕的に一番重要なのは、3日間でどんどん右肩上がりになっていくってことで…そこが一番重要なんです。
金曜の午後、チームと一緒にしっかり学習しました…うちは選択を誤ってしまったんで。元に戻すのが遅すぎたもんだから(予選で)13位になってしまい、大きく響いてしまったでしょ。
でも、今日はチームにとっても良かったと思ってます…僕も含め、皆、良かったですよね。グリッド13位から2位でゴールし…しかも、マルティンと1秒以下の差だなんて素晴らしいですよ。」

【最終ラップでバニャイア選手を抜いて、2位を獲得し…】
「かなり遅めのハードブレーキングをかけたんですよ…でも、てっきり、ペッコ(バニャイア)がマルティンを抜きにかかると思ってたんですけどねぇ。
今日のペッコはコーナー立ち上がりの加速が抜群で、かなり引き離してたんですよ…でも、最終ラップで攻める気配がなくてね。
僕の方は第8コーナーの立ち上がりが良かったんで、オーバーテイクを仕掛けることにしたんです。それほど接近はしてなかったけど、上手くいきましたね。」

【来年に向けての去就については?】
「ホンダを辞め、ドゥカティ移籍を決めた時、僕は『これがベストマシンなんだ』って分かっていたから、そう言うマシンに乗ったら自分に何ができるかを確かめてみようと思ったんです。
もう限界なのか、まだまだ出来るのか…結局、まだ戦闘力が高いってことを確認できました。そうとなったら、来年は最新ファクトリー機に乗りたいですね…どこのチームでもメーカーでもかまわないんで。
とにかく、最新機に乗りたいです…タイトル争いをしようと思ったら、ベストマシンが必要なんだから。僕の気持ちは固まってますよ。」

(参照サイト:『Motosprint』)

created by Rinker
銀鳥産業(Ginchosangyou)
¥1,800
(2024/06/15 09:16:33時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ミラノマルコ より:

    ホンダ

  2. hide より:

    終盤、ラストラップで抜く前、一時ペッコと距離を取ったように見えたけど、フロントタイヤの内圧を気にしてかな?と思った。
    あと私もラストラップでペッコがマルティンを抜きに掛かると思ったけど、マルクも思ってたんだね。そりゃそうだよね。ペッコはラストラップ、タイヤ的に厳しかったのかな?

  3. ns より:

    >来年は最新ファクトリー機に乗りたいですね…どこのチームでもメーカーでもかまわないんで。

    ホンダ「お?ええんか?」

  4. きゃめる より:

    おお外からヤマハなんてどぉ…?!

  5. maxtu より:

    HONDA時代の圧倒的な強さ、時折りみせるヒールさで素直に応援したいと思えなかったけど、今のサテライトの型落ち、怪我に年齢という逆境でも次世代に立ち向かっていくマルケスは知らずに応援してしまうね
    チェッカー後にデスモを労ってる姿にも好感
    やっぱりマルケスは華があるね

  6. より:

    ホンダなら毎レース最新ファクトリー機でマルケス専用ですよ

  7. ひっきー より:

    マルケスはイチバン良い時の感覚がまだ戻ってはいないのかな~
    突っ込みと切り返しでダメな時のホンダを乗ってる感覚になっているような気がします。
    今後もっとドゥカティ機に馴染んで行くとキレッキレの走りがよみがえるような、、、

  8. NSR50 より:

    ペッコの後ろについてラスト2~3ラップぐらいの時、ホームストレートで結構離されてたから、やっぱり1年型落ちの差はいかんともし難いから今回は3位止まりかと思ったけど、ラストラップで見事に追いついてオーバーテイクしてみせたのは、やはりマルクならではなんだろうなぁ。
    来年はグレジーニのままで、最新型に乗るってのは無理なのかねぇ。ドカならそれぐらいできるだろうに。

  9. HARAGURO より:

    どこのチームでもメーカーでも・・・? へえ~

  10. まささん より:

    ”どこのチームでもメーカーでも良いから”の中にホンダは含まれてないんでしょうね…

  11. 田中 より:

    ドカのファクトリーチーム 
    今のチームでファクトリー契約ファクリー車貸与

     ミラーに代わりKTMファクトリーに移籍
     アウグスト・フェルナンデスにかわりGasgasに移籍&ファクトリー車貸与 のどれかになるんかな???

  12. テック21 より:

    その昔、ヴァレは、勝てない時にチーム、そしてマシンへの批判を繰り返すビアッジを反面教師として、常にチームに対する感謝を表明してた。ただ、ライバルに対しては時としてエゲツない攻撃をしていた。 マルケスはそんなロッシの行動を反面教師にしてライバル達と接している様に見える。 このまま行けば相当痺れるチャンピオン争いになる可能性があるが、ライダー達の関係性はどうなっていくのか注目したい。

  13. フルバンク より:

    マルクには実現可能で自らが満足するチームで今後のレース人生を続けて、トップ争いを今後もして欲しい。

  14. yasu3 より:

    強いけど、行動が好きなライダーでは無い。
    けれど、ここ4年ほど、怪我やマシンのダメダメさを乗り越えて、引退もせずに悪あがきしている姿を見て、それはそれ、これはこれで、諦めずにもう一度栄光を掴もうとしている姿は素晴らしいと思う。
    怪我だって今となれば、ホンダがポンコツだからライダーが無理をせねばならなかったのが分かります。
    今のホンダのライダーは転倒ばかりだから。

    ドカティに移籍したとしても、サテライトだし、さすがのマルケスでも今年はたまに入賞くらいかな?と思っていたらびっくり!優勝争いに絡むとは思わなかった。

    頑張って2024シーズンを引っ掻き回して欲しいです。

    クリーンな争いをしてくれたらファンになるんだけどなぁ。

  15. 甦れヤマハ!ホンダは今年もダメだコリャ より:

    正直、生粋のファンではないが今回のレースは
    見ていて熱くなった。

    ロッシが引退しマルケスも怪我が長引き、淡々と
    したレースが続いていた中、マルケスの速さが
    戻って来てトップ争いをしてくれて嬉しかった。

    来年は何処に行くのだろうか。

    出来ればドカのワークスがいい。

    今の型落ちのマシンでマルティンを負かせれば
    スクリーンを叩き割るマルティンをジジも
    押さないと思うのだが。

  16. ずん より:

    間違ってもヤマハには来てくれるな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP