MotoGP

ロレンソ!ストナー!本音を言えよ!!:ヴァレンティーノ・ロッシ

10月3日に日本で開催されたオートバイ世界選手権では、V.ロッシ選手とJ.ロレンソ選手による肉弾接戦(下記映像)となり、久し振りに熱い戦いが見られました。
http://www.youtube.com/watch?v=otknZ-MtZig

その後、若いロレンソ選手の方から「やりすぎ」と批判の声が上がっていましたが、実は、ロッシ選手、レース前に出版されたインタビュー記事で、けっこう過激な本音をぶちまけていました。
やっぱり、ああ言う激しいレースをやりたくって、ウズウズしてたようですよ。

ローマ『ロレンソとストナー?俺のこと、どう思ってるか言いなよ!』

ロッシ選手がぶちまけた。
「モトGPはジャングルと同じ。手負いになったら八つ裂きにされる。」

「ロレンソ選手とストナー選手ですか?僕のことを本当はどう思っているのか、ぜひ聞きたいものですね。手負いになって血を流し始めたら、若い連中はすぐに自分の方が強いと思うようになり、そして、八つ裂きにできるって考えるわけですよ。ジャングルみたいなもんです。僕は好きですけどね。」

明日発売の週刊誌『Gq』の表紙を飾るヴァレンティーノ・ロッシ選手が、同誌のインタビューでライバル選手達やドゥカティ移籍について歯に衣着せずに明かしている。また、ロッシ選手にとっての『理想のモトGP』についても初めて語った。
「最初はロレンソ選手もストナー選手も、“ヴァレンティーノ・ロッシは、僕の子供時代のヒーローでした。”って言ってたんですよ。でも、全部ウソですよね。僕は、ただの邪魔者にすぎない。僕にとってビアッジ選手がそうであったようにね。」
『ドットーレ(伊語でドクターの意)』ことロッシ選手は、次のように本音を明かした。
「二人の人間が同じ目標に向かって戦ったなら、憎み合うのが普通でしょう。それを否定するのは、嘘をついてるってことですよ。別に殺意を抱くような憎しみじゃない。でも、猛々しい憎しみではありますよね。だから僕としては、ストナー選手やロレンソ選手が、僕のことを本当はどう思っているのか言ってくれたら嬉しいですね。」
ロッシ選手がムジェッロで事故に遭い片足を骨折した際に、チームメイトであるホルヘ・ロレンソ選手が励ましの言葉をかけ、元気づけてきたことに関しては、言葉少なにこう感想を述べている。
「うわべだけですね。」

そして、インタビューの話題は『理想のモトGP』へと移ってゆく。どんな風にレースをしたいのか、そして、レギュレーションがどんな風に変わったら良いと思うのか。
「参加台数は24〜26台ぐらいかな。4ストロークにして、排気量は1000ccが適当だと思います。800ccじゃなくってね。最高回転数を16,000〜17,000rpmにして。今みたいに19,000rpmじゃなく。マシンが時速360km未満になるようにね。僕としては時速320kmで充分だと思うけど。それから電子系統の多くは取り除いた方が良いでしょうね。」
また、ロッシ選手によれば最高のレースするための方法は簡単なものだと言う。
「アンチサージ制御もブレーキコントロールもなしにして。そうすれば見事なウィリーとか、ブレーキングゾーンでの凄いドリフトなんかの熱戦が見れるようになる。僕としては、こう言うのが最高のチャンピオンシップですね。」

『ドットーレ』ことロッシ選手にとっては、今年は大変良い年とは言えない。骨折などのアンラッキーもさることながら、おもなライバル達の強さでもだ。
「現在の僕のライバル達と言うのは、特にロレンソ選手、ペドロサ選手、ストナー選手など新世代のライダー達で、ジベルナウ選手やビアッジ選手よりも速いですよ。この点に関しては間違いないです。この3人の中で、ロレンソ選手が一番バランスが取れていると思いますね。」
来年はドゥカティに乗って彼らと戦うことになるのだが。
「イタリア製のマシンでね。移籍の理由は金銭ではなく、ドゥカティでなら、かつてヤマハで得たのと、まさに同じものが得られるからです。ヤマハからオファーがあったんで、僕はドゥカティに行って、“その金額でどう?”って聞いたんですよ。そうしたらドゥカティがYESと。前に押し出してくれるような、新しい感覚を試してみたかったんです。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: La Stampa 2010年9月30日


10年前、ビアッジ選手ってどんな人?
と聞かれたロッシ選手は、
「偉大なチャンピオンで、不誠実で…3つ目は言えない」
と答えておりました。

それなりに正直なロッシ選手に
声援クリックPrego

人気ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
またまたロッシにチクチクと:ホルヘ・ロレンソ
スペイン人ライダーの憂鬱:ロレンソ&ぺドロサ
ロッシを負かすぞ!!:ホルヘ・ロレンソ【前編】
マックス・ビアッジ、勝利の理由十ヶ条

POSTED COMMENT

  1. TAL より:

    ロッシがホルへをパッシングするシーンをLIVEで見てましたが、なかなか鬼気迫る感じでした^^;

    「本音をいえよ!」
    ロッシの裏の顔が出たインタビューですねぇ^^;

  2. TAL より:

    ロッシがホルへをパッシングするシーンをLIVEで見てましたが、なかなか鬼気迫る感じでした^^;

    「本音をいえよ!」
    ロッシの裏の顔が出たインタビューですねぇ^^;

  3. とらん より:

    ciao〜chiricoさん ロッシの思う理想のマシン同感です。その昔は最高峰の500ccのマシンでも激しいバトルがありました。ライダーの気合いと根性でマシン差がなんとかなった時代だったのでしょう。そんな方がライダーも観客も楽しいかもしれませんね。

  4. とらん より:

    ciao〜chiricoさん ロッシの思う理想のマシン同感です。その昔は最高峰の500ccのマシンでも激しいバトルがありました。ライダーの気合いと根性でマシン差がなんとかなった時代だったのでしょう。そんな方がライダーも観客も楽しいかもしれませんね。

  5. chirico より:

    おっ、TALさんも観てましたか、あの肉弾戦!
    私なんか朝も早いのに絶叫してしまいました。

    舌戦の方も、なかなか面白い展開になってきましたねぇ。
    まぁ、でも、やっぱりサーキットでの熱戦の方が良いかな。

  6. chirico より:

    おっ、TALさんも観てましたか、あの肉弾戦!
    私なんか朝も早いのに絶叫してしまいました。

    舌戦の方も、なかなか面白い展開になってきましたねぇ。
    まぁ、でも、やっぱりサーキットでの熱戦の方が良いかな。

  7. chirico より:

    とらんさん、Ciao!!
    私は500cc時代って知らないんですが、あんなバトルがちょこちょこ観られるなら、そりゃ〜面白かったでしょうねぇ。
    ただ、ロッシが言ってるようなマシンになった場合、現在のモトGPだと、乗りこなせる選手がグッと少なくなるだろう…なんて話も聞いたことありますが。

  8. chirico より:

    とらんさん、Ciao!!
    私は500cc時代って知らないんですが、あんなバトルがちょこちょこ観られるなら、そりゃ〜面白かったでしょうねぇ。
    ただ、ロッシが言ってるようなマシンになった場合、現在のモトGPだと、乗りこなせる選手がグッと少なくなるだろう…なんて話も聞いたことありますが。

  9. machcat より:

    ロッシは2スト時代を生き抜いて勝ってきたから今のマシンはヌルすぎるんじゃないかな。 500の2ストに比べたら多分今のマシンはつまらないんじゃないかと思う。

    マシンの味付けも180度違ってて、オーバーテイクは基本的にブレーキングを極限まで遅らせてコーナーに突っ込むスタイルだったから肉弾戦は当たり前で、コーナリングスピードで抜く現在とはやはり全く別のアプローチでした。

    F1でもそうだけど、ハイテクのおかげでかなりマシンの乗り方も変わったんでしょうね。 それに対処出来てトップ争い出来るロッシは非凡だと本当に思います。

  10. machcat より:

    ロッシは2スト時代を生き抜いて勝ってきたから今のマシンはヌルすぎるんじゃないかな。 500の2ストに比べたら多分今のマシンはつまらないんじゃないかと思う。

    マシンの味付けも180度違ってて、オーバーテイクは基本的にブレーキングを極限まで遅らせてコーナーに突っ込むスタイルだったから肉弾戦は当たり前で、コーナリングスピードで抜く現在とはやはり全く別のアプローチでした。

    F1でもそうだけど、ハイテクのおかげでかなりマシンの乗り方も変わったんでしょうね。 それに対処出来てトップ争い出来るロッシは非凡だと本当に思います。

  11. chirico より:

    そう言うことですか、machcatさん。
    私なんか、バイクレースを観始めたがここ7〜8年ぐらいだから、今回の肉弾戦は、珍しい〜もん見せてもらったなぁって感じでした。

    観る分には興奮して面白いから、どんどんやってくれ〜って思うんですけど、ライダーの危険が増すなんて事も耳にすると、困ったな〜って。

    でも、マレーシアGPでのロッシも凄かったですねぇ。
    下位から追い上げて来る様は、ヘルメット被ってるのに、まるで般若のように見えました…

  12. chirico より:

    そう言うことですか、machcatさん。
    私なんか、バイクレースを観始めたがここ7〜8年ぐらいだから、今回の肉弾戦は、珍しい〜もん見せてもらったなぁって感じでした。

    観る分には興奮して面白いから、どんどんやってくれ〜って思うんですけど、ライダーの危険が増すなんて事も耳にすると、困ったな〜って。

    でも、マレーシアGPでのロッシも凄かったですねぇ。
    下位から追い上げて来る様は、ヘルメット被ってるのに、まるで般若のように見えました…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP