MotoGP

ストーナーにできるならロッシにだって…:セテ・ジベルナウが語る

管理人がイタリアに来て、初めてモトGPを観た頃なんかは、ヴァレンティーノ・ロッシ選手のライバルと言えば、ビアッジ選手とスペイン人ライダーのジベルナウ選手だったんですよ。
ビアッジ選手の方はスーパーバイクでいまだに活躍してますが、ジベルナウ選手…どこに行っちゃったのかと思ったら、ちゃんと西スポーツ紙なんかには登場しておりました!

モトGP 『ストーナーがドゥカティで優勝できたなら、ロッシだって』




セテ・ジベルナウさん、現在は何をなさっているのですか?
「オートバイ業界からは離れています。バルセロナに戻って、家族と一緒に暮らし、他のことをしています。レースに復帰することはありませんね。これまで経験してきたことに満足してますし、夢を実現できたのですから感謝しています。」

昨年、モトGP開幕中に撤退されたことは悔やまれますか?
「いえ、まったく。身体面では絶好のコンディションに戻すことができたしね。それが3レース後には、チームのコンディションの方が変わってしまって。とにかく、僕に声をかけてくれたのは彼らの方だったわけだし。まぁ、楽しい、良い経験をさせてもらいました。」

今年、スポーツ界におけるスペイン勢の活躍は素晴らしかったですね。
「実は、大きな試合をけっこう見逃してしまったんですよ。しょっちゅう、旅行してたもんですから。夏だけは、ずっとヴァレンシアにいましたが。スペインにとっては素晴らしい1年でしたね。全員にお祝いの言葉を送らなきゃ。」

ムジェッロでのロッシ選手のケガがなければ、ホルヘ・ロレンソ選手の優勝はありえなかったのではと言う声もあるようですが。
チャンピオン・タイトルと言うのは、常にそれにふさわしい選手が獲得するものだと思っています。ロッシはずっと優勝に値してきたわけで…僕に危険な肉弾戦をしかけてきた時もね。ストーナーの優勝もそれに値するし、ロレンソのもそうです。

ロッシ選手と言えば、ドゥカティ移籍は良い選択だったと思われますか?
新たなチームに移ったと言うことは、新たなモチベーションを求めていたってことでしょ。全力を尽くし、100%の力を出し切るには基本的なことですからね。ファンからのプレッシャーもあったんじゃないですか。もう随分前からドゥカティに乗るロッシを見たがっていたから。これで優勝できたら、すごいことになるでしょうね。

ジベルナウ選手もデスモセディチ機に乗っていたわけだから、ヤマハのマシンとは、かなりの違いがあることは知ってますよね。ロッシ選手に乗りこなせるでしょうかね?
乗りこなせない理由はないですね。ケーシーがそれに乗って優勝したんですから…。ドゥカティのマシンって言うのは、ライダーとマシンが最大限に理解し合わなければならないような…つまり、簡単なマシンではないんですよ。乗る者はマシンの特徴を理解しなければならないし、エンジニア陣はロッシの要求をできる限りデスモセディチに盛り込むようにしなければならない。ただ、ヴァレにはそれが可能だし、マシンの能力を最大に引き出せることは確かですよ。

スーパーバイクではビアッジ選手が優勝しましたね。ジベルナウ選手とは同年代で、旧知のライダーではありませんか?
もう、おめでとうの一言に尽きますね。スーパーバイクからもモトGPからもオファーはもらっていましたが、もうすっかり終わらせた話なんで。今は熱狂的なオートバイファンの一人に過ぎませんから。


(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事: Diario AS 2010年12月07日写真


以前、日本語レッスンの生徒で
モータースポーツ関連の雑誌社で
働いてる人がいたんですが
ジベルナウって関係者の間では
『ハリウッド』ってあだ名だったんだそうです。
カメラを向けると、俳優のようにポーズを取るからだとか…

セテ・ジベルナウにお久しぶりクリックPrego
人気ブログランキングへ


イタたわGP関連記事
ドゥカティに未練たっぷり:ケーシー・ストーナー
ホルヘ・ロレンソ:バレンシアのテスト結果&インタビュー
マックス・ビアッジ、勝利の理由十ヶ条
ドゥカティ総動員でロッシに尽くします:フィリッポ・プレツィオージ

POSTED COMMENT

  1. 迷走 より:

    キリコさん、新ブログ開設おめでとうございます。
    早速、こちらもリンクさせていただきます。
    それにしても『ハリウッド』ってあだ名、
    思わず吹きました。
    こちらのブログのこれからの記事・展開を楽しみにしています。

  2. chirico より:

    迷走さん、またまたリンクをありがとうございます!

    ブログを2つに分たおかげで、今まで載せづらっかった記事なんかもどんどん紹介してゆけると思ってます。頑張りますね。

    ジベルナウはいかつい顔立ちの割には、けっこう繊細な面を見せていて時々びっくりしたもんです。
    昔、確か、もてぎGPで玉田選手が乱暴を追い上げで接触した時は、レース後のインタビューで、ちょっと半べそになって、
    「タマダが、タマダがあぶないんだ、タマダが…タマダが…」って連呼して。

  3. aoi より:

    「イタたわGP」開設、おめでとうございます!^▽^
    新シーズンが今から楽しみです♪
    ドカのロッシ…、ワクワクしますね~~♪
    またお邪魔します。

  4. CHIRICO より:

    AOIさん、両ブログにコメント、有難うございますね!

    来季、とりあえずはホンダが優勢か…と言う見方がありますが、ロレンソはタイトル防衛に挑むだろうし(特に今回の優勝はロッシの怪我のおかげだ…とも言う人達もいますしね)、ロッシもただ黙って指をくわえていないだろうし…
    久し振りに色々とドラマがありそうですね。

    またの、お越しをお待ちしてますね〜。

     

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP