MotoGP

L.レッジャーニ:ムジェッロの新コースはビリヤード台みたい!

モトGP『レッジャーニ:ムジェッロで1秒縮まる』




現在、イタリア1チャンネルでグイド・メーダと共にモトGP解説を務めるローリス・レッジャーニと言えば、オートバイ世界選手権に15年間参戦し、1位を8回、表彰台を41回獲得、125ccおよび250ccクラスでのタイトルを獲得した偉大なライダーである。
そのレッジャーニ氏、今でも時々、メットとスーツを身に着けて、大体は250ccを駆っては楽しんでいるのだが、今回はムジェッロ・サーキットにてマシンにまたがった

今日、フィアット所有の同サーキットにて、
「ムジェッロの新アスファルトは、まったくもって凄いですよ。」とコメントしている。
この3月、全5245mのコースに行なわれたアスファルト舗装工事に関しては、まさにこの形容詞がふさわしいだろう。

レッジャーニ氏は次のように続けている。
「僕が現役だった頃は、こんなに完璧に再舗装されたコース・アスファルトなんて見たことないですよ。ムジェッロ・サーキットのマネージメントのことを絶賛しますね。こんな最先端の技術を駆使して、あのコースをまるでビリヤード台みたいにすべすべにしたんだから。不完全な所なんで全然なし、だから、より安全。
これで7月3日のムジェッロGPでは、もう1秒タイムが縮められるんじゃないですか。」


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2011年05月23日





イタリア1TVのモトGP解説では
ロッシ大ファンのグイド・メーダを、レッジャーニが元ライダーならではの視線で
時には抑えつつ、しかし、頻繁に『正確なイタリア語が話せないふざけたオッサン』と化して
メーダに突っ込まれたりしておりますが。
いや〜、実は立派な選手だったんですよねぇ…


ムジェッロの前に、まずはバルセロナが楽しみ!クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. カール&マッシミリアーノ より:

    今頃コメントですが、
    レッジャーニさん、今こんな顔なんですね。
    私が見た頃は、運に恵まれない、薄幸そうな雰囲気でした。

    「正確なイタリア語が話せない」のはお国言葉になってしまうということなのでしょうか?(今Wikiでみると、Forli出身だそうです)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP