MotoGP

A.ポンス負傷:10月30日にバルセロナ帰国

モト2『アクセル・ポンス:日曜までマレーシア滞在』




セパンGPモト2クラスのレース中に転倒し、負傷していたアクセル・ポンス選手(Pons HP 40チーム)が、あと数日の間、クアラルンプールに留まらなければならなくなった。
ポンス選手は頭部を負傷しており、医師ら全員が容態の安定には事故後1週間はかかると判断。このためポンス選手のバルセロナ帰国は10月30日が予定されている。

ポンス選手は26日(水)にクアラルンプール市にある UKMメディカルセンターを退院し、その後は同市内のホテルに滞在。現在は、バルセロナまで付き添い、道中の容態管理を担当する医師の到着を待っている。
なお、同チームではバルセロナのDexeusクリニックの医師らとも連絡を取り続けているが、見解はマレーシアの医師らと同様で、飛行機内の気圧変化や長時間の移動による悪化を防ぐためにも、念のため日曜日まで様子を見るよう勧めている。
ポンス選手はレース中の転倒で頭部を強打した際、小さな脳内血腫を引き起し病院へと搬送された。頭部のケガ以外、同選手の容態は良好である。


(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:Motograndprix 2011年10月27日


先日、日本語レッスンの生徒と話していて、たまたまシト・ポンスの話題が出たもんですから
慌てて息子さんの記事を探してみました。

アクセル・ポンス選手にお見舞いクリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 栃木県民 より:

    シモンチェリの事もあり、ポンスの「その後」が
    なかなか情報が無く気になっていました。

    とりあえず命に別状はないようで良かったです。

  2. machcat より:

    ポンスの情報ありがとうございます。 凄く心配してたんですよ・・ 赤旗中断の後、頭部に深刻なダメージという字幕が流れてたので。

    今年は残り少ないので、完全に安全になるまではマレーシアで安静にしておく方がよさそうです。 ガンバレ!(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP