MotoGP

ドルナ『ドゥカティが駄目でもロッシはモトGPで走る』

モトGP『エスペレータ:ロッシは世界選手権に残る』




ドルナ社CEOのカルメロ・エスペレータ氏が、たとえ来シーズン、ドゥカティが結果を上げられなくてもヴァレンティーノ・ロッシ選手が近々に引退することなどあり得えないと断言している。
ロッシ選手を良く知るエスペレータ社長はCERO放送の『El primer toque(ファースト・コンタクト)』で、あと数年は世界選手権で走るだろうと語った。
「ヴァレンティーノは世界選手権から引退したりしませんよ。何かとんでもないことが起きない限り、4番目のポストを見つくろってね。」

「ドゥカティが上向いて、ヴァレンティーノがトップを走ってくれる事を願ってますよ。ただ来年、ヴァレンティーノがトップに立てなくても、さ来年がありますからね。」

また、2013年には全マシンがCRTになると発言したことを否定。
「そんなことは絶対に言ってないんですがね。あくまでも、将来的にプライベートチームはファクトリーマシンを借りると言う方向には進まないだろうと言っただけで、全マシンがCRTになるなんて言ってませんよ。ただ、現在、マシンの『リース』を取り入れているチームのことを言っていただけで。例えば、グレジーニやチェッキネッロ、プラマックとか、市販車以外のエンジンを搭載させたCRTマシンで参戦するチームのことなんかについてね。」

ストーナーとは討論せず
一方、エスペレータ社長は、新モトGPチャンピオンであるケーシー・ストーナー選手が最近、CRTは『誤り』であると発言していたことについて、同選手と話し合う気はないとしている。
「世界選手権についてストーナー選手と話し合うつもりは、私にはない。ストーナー選手が私とブレーキングや加速について話し合うことがないのと同じことです。彼は世界チャンピオンで、今現在、最強ライダーなのだからね。最高のパフォーマンスを有し、それを最高に披露できる選手なのであり、私は話し合いを始めるつもりはありませんな。」

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:Marca 2011年11月09日




もしも来年、ドゥカティが駄目だった時にロッシが行く4番目のポストって…ス、ス、スズキとか?

ストーナー選手とエスペレータ社長の討論ってのも聞いてみたい…クリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. うふふっ より:

    いつも楽しみに読ませてもらってます。

    ところで、最近の記事に来季の話で「CRT」なる文字が多く登場しますが、どんな意味なのでしょうか?詳しく教えていただきたいです。
    お願いします。

    コメントじゃなくてごめんなさい。

  2. TAL より:

    こうなったら「スズキロッシ」も見てみたい気も・・・^^;
    (また妄想が・・・苦笑)

    いろんな意味で来年が楽しみです

  3. vale46 より:

    スズキロッシ、2012年DUCATIが今のままならありえるかも
    又はCRTでBMWのエンジン+カレックスのシャーシー(ドイツ同士)ちょっと面白い組み合わせだぁぁぁ~と妄想が爆発しそうな今日この頃です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP