MotoGP

H.バルベラ:酒酔い運転で10ヶ月免停&12万円罰金

モトGP『バルベラ:飲酒運転で処罰される』




先週末、エクトル・バルベラ選手が飲酒運転により、スペイン警察より処罰を受けていた。
家族や友人らとの夕食後、バルベラ選手は友人の運転する車に同乗しヴァレンシア方面に向かっていたところ警察の検問を受け、その際、運転していた友人の呼気中アルコール濃度が0.60 mg/ℓ(スペインでは0.25 mg/ℓまでは運転可)だったため、バルベラ選手が運転を代わったと言う。しかし、その後、再度検問を受け、バルベラ選手がアルコール呼気検査を受けたところ、20分間に0.32〜0.28mg/ℓの数値が確認された
この件に関し、バルベラ選手は自身のツイッターで次のように述べている。

《グラスに一杯しか飲んでいなかったんで運転を代わったのだけど、いくら酔ってなかったとは言え無責任な行動でした。チームの皆さんや、スポンサー、モトGPファンの皆さんに申し訳なく思ってます。》

《もう、このような事は二度と起こらないと断言します。飲酒運転による犠牲者のためのどんな団体にも協力を惜しみません。そこでのキャンペーン活動や、本来ならそうあるべきであった模本的な活動をしてゆきたいと思ってます。

当サイトではバルベラ選手がどのような処罰を受けたのかは知らないが、同じ過ちを繰り返さないよう、また、パオロ・カンピノーティチームでのデビューに向け、自転車でのトレーニングを再開させたらしい。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年01月09日




…で、バルベラ選手がどんな処罰を受けたのかスペイン紙の方で調べてみたら『Diario AS』紙が次のように報じてました。
《エクトル・バルベラ選手が1月6日、飲酒運転でジグザグ走行や赤信号無視を繰り返していたため処罰を受けていた。『Levante-EMV』紙が報じたところによれば、同選手は昨日、裁判官らの前で容疑を全て認め、道路安全法違反により10ヶ月間の免許停止処分および1,200ユーロ(約12万円)の罰金刑が下されている。》


バルベラ選手、レースで挽回するんだ!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP