MotoGP

N.ヘイデン:2月6日、肩の再手術

モトGP『ヘイデン:明日、肩の手術』




へイデン選手にとって2012年は苦難の年となりそうだ。
昨年、ダートトラックでトレーニング中に負った左肩ケガのため今回のセパン・テストも早めに切り上げていたのだが、明日、新たに手術を受けることとなった。
テスト後、ヘイデン選手はサンフランシスコへと直行し、アーサー・ティング主治医の元で精密検査を受けたところ、肩関節の軟骨および筋肉損傷が判明。このため新たな外科手術を行ない、損傷の具合を詳しく診て、より有効な措置が取られることとなったのだ。

ヘイデン選手は次のようにコメントしている。
「シーズン初めに再度手術を受けなければならないと言うのは、スポーツ選手としてはベストなことではないですね…起こり得ることではあるけれど。再度検査したところ、セパンで充分に操縦できるような状態じゃなかったことが分かったんですが、でも、テストできて良かったと思ってます。少なくとも、肩の具合が当初思っていたよりずっと重傷だってことが分かったんでね。と言うわけで、問題の箇所をどうにかするのに、さっさと手術してしまうことができるんでね。この仕事にケガは付き物なわけで、できるだけ早く完治させるよう頑張りますよ。
ドゥカティやチームがまさに最大限に努力、尽力してくれているんで、お陰でこっちも今年に向けて士気を高く掲げてられます。

現在のところ、2週間後にヘレスで予定されているチームテストに、ヘイデン選手が参加できるかどうかは不明だ。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年02月05日



今年はいきなりそう言えば、セパン・テスト中の記事で、こんな写真も出てたんですよ…




ヘイデン頑張れ、頑張れヘイデン!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP