MotoGP

アウディのドゥカティ買収、もう秒読み

モトGP『アウディ/ドゥカティ:7億5000万ユーロ提示』




例のドゥカティがアウディ(フォルクスワーゲン・グループ)に買収されると言う話は、どうやらもう時間の問題のようだ。
Corriere.it』紙の経済欄が報じたところによれば、アウディから提示されている金額は7億5000万ユーロ(約825億円)に達したらしく、当初、アンドレア・ボノーミ氏(Investindustrial代表、ドゥカティ社を所有)が『Financial Times』紙に明かしていた10億ユーロ(約1100億円)に近づいているわけだ。

両社の合意が近づいていることは、政治家らの動きを見てもわかる。エミリア・ロマーニャ州の生産活動部門を担当するジャン・カルロ・ムッツァレッリ州評議員が、『Ansa』紙に次のような意見を述べていた。
「ドゥカティがアウディに買収されなければならないとしたら、早急にアウディ側と話ができれば良いんですが。
各機関がすぐに協力体制を取ろうと駆けずり回ることになるでしょうね。なぜならば我々にとってボローニャのオートバイメーカーと言えばエミリア・ロマーニャ&ドゥカティであり、ドゥカティ&エミリア・ロマーニャでなければならないのですから。」

その一方で、労働組合らにとっては既にアウディ/ランボルギーニ社の件がポジティヴな経験となっている。また、フォルクスワーゲンがスズキの持ち株20%を売却したと言う噂も流れており、もはや事は為されたと言う兆しか。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: Gpone 2012年03月28日


さぁ、次は4月4日のNYが見ものですかね…


いろんな意味でドゥカティがんばれ!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP