MotoGP

2013ラグーナセカGP【FP2経緯】:モトGP

モトGP『ラグーナセカFP2の経緯』

gpone-lagunaseca-fp2.jpg


★首位はマルク・マルケスの1分22秒040。

★センッション終了10分ほど前、ワイルドカード参戦のブレイク・ヤング(チーム・アタック、CRT)がハイサイド転倒し、レッドフラッグが出された。ヤング選手のマシンはコース上に放置され、オイルが路面に流出したため、しばらく清掃作業が行われた。セッション再開の際、明日のFP3の気温が低い事を予想し、リアに新タイヤを履く選手も何名かいた。

★6位ホルヘ・ロレンソは鎮痛剤を服用していないため、長い休憩をはさみながら周回していた。

★ART機のアレイシ・エスパルガロはリアにソフトタイヤを履いて7位タイムを記録。

★ホームサーキットとなるニッキー・ヘイデン(9位、+0.693)は新ヘルメット着用(下記写真)。

★ダニ・ペドロサは11位(+1.089)。

[写真はDucati Web Pointより抜粋]
fb-hayden-casco.jpg


(Source:2013年07月19日 Gpone記事より抜粋)


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP