SBK SuperBike

2013 SBK シルバーストーン:主要選手コメント

『2013 SBK シルバーストーン:主要選手コメント』

motociclismo_race1_podium.jpg

ジョナサン・レイ(ホンダ)コメント
「あのレース1は、僕のキャリアで最も素晴らしい勝利の1つかもしれない!あのコンディッションでのライディングは容易ではなかったし、もの凄い注意が必要でした。ギャップを稼いだのは、終盤に全てを無駄にしてしまわない様にね。レース2に向けてチームが幾つかの改良をしてくれて、サイクスの後ろに少し落ち着いてしまったけど、その後は4位までは上がれました。実はスタートで大きくタイムロスしてしまって…でも、最後は2分05秒で廻れてハッピーでした。レース2のリザルトはOKとしましょう。これから休みに入るけど、表彰台争いができるパッケージを意識しつつ過ごすことにしますよ。」 

motociclismo_race2_podium.jpg


ロリス・バズ(カワサキ)コメント
「レース1にはがっかりでした。表彰台目指して戦ってたんだけど、考え過ぎてしまい…それにミスもいくつかあって、結果はたったの5位。レース2は“OK、このレースはお前のものだ”って唱えてね。スタートから良好に周回できたし、路面もドライだったし。首位に出て、頑張ってコントロールしてたけど、後ろには速いライダー達がいて逃げ切りは難しかったです。オーバーラップされたら、直ぐにまたやり返す、コースがフルウエット状態になるまで繰り返してました。転倒のリスクもあって……チームに感謝してます。僕やトム(サイクス)のマシンに最高の仕事をしてくれました。この勝利を(故)アンドレア・アントネッリのご家族に捧げたいと思います。」 

motociclismo-cresent-team.jpg


ジュール・クルーゼル(スズキ)コメント
「凄く良い1日で、特にレース2では、選んだタイヤが正解で速い走りが出来ました。スタートはあまり良くなかったけど、ドライでは追い上げて行く事が出来ました。雨がぱらついてきた時、路面は濡れていなかったので、速さをキープしました。ポジションを稼ぐことが出来たし、今シーズン初めて雨が味方になってくれました。最終ラップは信じられないくらい難しくて、コーナーに差しかかった時にシートに座ってられなくなってしまってね。幸運にもコースに戻る事が出来て、そしたらレースが中断して、結果は2位でしたけど。このリザルトは順当だと思うし、チームには感謝しなければね。キャミアのビッグな表彰台にもお祝いを言いたいです。」

レオン・キャミア(スズキ)コメント
「レース1は全て上手く行きました。ドライでは良い感じの周回じゃなかったようだけど、ミックスコンディッションでは実力が発揮できて、最後は僕も前にいましたよ。最終ラップでラバティを抜いたのに、直線でやり返されて、その後はどうする事も出来ませんでした。チャレンジしたけど限界でしたよ。レース2はスタートもマシンも良好でした。終始、強さを感じてました。他の誰よりもね!勝てる速さもあったので、このリザルトにはがっかりしてます。コーナーで2度オーバーテイクし、最後はデービスが僕の前でエンジントラブルを起こして…タイムをロスしてしまった。その後、ギュントーリにコーナーで押し出され、レースが台無しになりましたよ!悪い時に悪い所に居合わせるのは最悪だね…まぁ、そう言う事もあるけど。ジュール(クルーゼル)は凄くブラボー…ライディングは良かったし、レース2でのあのリザルトの彼を見るのは良いもんだね。彼にとっても、チームとスポンサーにとってもも素晴らしい。」

ユージーン・ラバティ(アプリリア) コメント
「2レース共に凄く難しかったけど、モスクワの浮沈の後でのダブル表彰台はハッピーです。僕の前を走っていたライダー達は、あの危ないコースに勇敢に挑んで…多分、レース2ではもっと上を狙えたんじゃないかなぁ…僕はドライ路面では速かったんでね。ともかく、レースディレクションにはお祝いを言いたいです…今日は困難な状況で完璧な決定を下したし、ライダー達を含めての話し合いがなされ、今日みたいなデリケートな状況に挑むのに役立った訳ですから。」

motociclismo_guintoli_race.jpg


シルバン・ギュントーリ(アプリリア)コメント
「終わってハッピー!今日は(怪我をした)右肩の調子が悪くて、特にスタートでは右腕に力が入らなかったんです。走行テストでは、18ラップ連続周回したらどうなるかなんて確認する事が出来ないしね。出来る時はプッシュしたけど…注意して、無駄なリスクは避けながらですけどね。総合順位を肝に銘じてね…各レースを無駄にしてしまわないように…今日みたいなコンディッションではリスクを冒すアウトサイダーがいて当然だから。明日は冷静に肩の治療をどの様に進めて行くかを考えます。最後の2戦で優位になったけど、決定するにはデリケートな問題ですね。」

motociclismo_sykes_race.jpg


トム・サイクス(カワサキ)コメント
「2レース共に同じような感じで、今日のコンディッションはどちらも難しかったです。スリックタイヤと雨ではプッシュするまでに至らず…簡単に言うとそんなところです。大きなリスクに耐えれる程の準備も無かったし、簡単に転倒するのは目に見えてました。ポイントゼロより数ポイント獲得が良かったんでね。タイトルを考えて走るのは好きではないけど、レース2ではそれを考えざるを得なかった。チャンピオンシップリーダーに比べてそんなにポイントを失った訳では無いです。レース2の序盤、ちょっときつかったです…リアタイアのフィーリングがレース1と違っていたからですが、全体として僕のNinjaは好調ですよ。ロリス(バズ)の勝利は素晴らしかった。これから少し休養して、またサーキットに戻ってがんばります。」

(Source:2013年08月05日 Motociclismo 記事より抜粋)


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP