Moto2 category

中上貴晶『日本で自信を取り戻して行きたい』:2013フィリップアイランドGP

ちょいと遅くなりましたが…
フィリップアイランド戦について、恒例イタルトランス・チームのコメントです。



タカアキ・ナカガミ(22位:21分01秒152)
「馬鹿げたミスでした。信号が緑になるまでがやけに長く感じられて、動いてしまいました。ジャンプスタートでした。チームに本当に申し訳ないです…他の件で既に厳しいウィークエンドだったのだから、(こんなミスまで)いらなかったのに。セパン戦であまり収穫がなかったのに、今回は更に厳しいことになってしまいました。常に15位ぐらいで。今日の事は忘れたいです。次はホームレースだし、もう少しリラックスするようにして、自信を取り戻し、ペースを変えて行く気持ちです。」

クラウディオ・マッチョッタ(中上選手のチーフメカニック)
「既に厳しかったレースが、出だしから最悪な状態になってしまった。この週末、うちは万全の状態となった事は一度もなく…タカアキのマシンに対するフィリーングが上向くような状態になれなかった。セパン以来、うちは思うように実力が出せていない。転倒も2回あり、選手がフロントへのフィーリングを失ってしまった…データ上ではマシンの挙動は良さそうなエリアには入っていたんだが。セッション毎に伸びてはいったが、毎回、他の選手と離れ過ぎていた。決定的なものになるのは、日本で…金曜日だろう。最初から上手く始めること。」

(Source:2013年10月21日 イタルトランス・チーム公式FBより抜粋)




そして、てるてる坊主クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP