MotoGP

ロレンソ『確かにマルケス処罰を要請してます』:2013茂木GP

あら?
昨日、ご紹介した『ヤマハチームがマルケス処罰を要請』って…
すっかり終わった話じゃないようですな…

marca-lorenzo-marquez2.jpg

★ホルヘ・ロレンソが茂木にて次のようにコメント。
「【マルケス選手に1ポイント処罰を科すよう要請したと言うのは本当?】本当です。フィリップアイランドでのレース後…それから今日の午後にも確認され、話し合われました。ウィルコ(ズィーレンベルグ)とマリオ・メレガッリ(ヤマハ・チームマネージャー)が、レース・ディレクションのマイク・ウェッブ氏やその他のメンバーと話し合いました。映像を見直し、1ポイント処罰を科すようプッシュしてみたらしいです。最終的にどんな決定になるかは分かりませんが、ただ、現在の僕の意見などそれほど重要ではないでしょう。実害を受けたわけじゃない…レースでは僕が勝ったのだし、マルク(マルケス)は失格になったのですから。

レース・ディレクションの手落ちであってね。僕らの見解としては、マルクはコース進入の際に走行中の選手を優先していなかった…僕だけじゃなく、ダニ(ペドロサ)に対してもね。僕らは時速250キロ以上で走っていて、マルクの方は時速150キロでした。僕があと0.3秒遅かったら、大転倒になるところだったでしょう。

【1ポイント科せられたらマルケス選手は茂木レース最後尾スタートとなるが…】さあ…1ポイント科せられるのか、警告で終わるのかは分かりませんね。どんな処罰が一番適切かは分かりませんが、ただ、あれほど高速で進入して来ると言うのは、充分に危険だと思いますね。

(処罰要請はチームの発案であると強調しつつ)まずヤマハ内でそう言った意見が起きたんですよ…僕は当初、互いの責任だと思っていたんで。レース後に映像を見直したところ、はっきりとマルクが高速で好ラインに入って来てるんですよね…本来ならば攻めて走ってる最中の選手を優先させて、遅れてそのラインに入って来るべきなのにね。」
(Source:2013年10月24日 Marca記事より抜粋)




そして同件は、一応、こう言う取扱いになっておりまして…

gpone-lorenzo-marquez.jpg

★レース・ディレクションは10月25日に、ヤマハチーム代表らと同件について話し合う予定。なお、ホンダチーム代表らは召喚されていない。

★レギュレーションによればチームはレース終了後60分以内に異議申立てをしなければならない。なお、同時間内にはヤマハから申立てはなかった。
(Source:2013年10月24日 Gpone記事より抜粋)


…と言うことで、周囲も当然のことながら何の処罰も下されないだろうと言う見立てでして…
もちろん、ヤマハチームの方でもそう思っているようです。

★マリオ・メレガッリ(ヤマハ・チームマネージャー)のコメント。
「我々はレース・ディレクションへ行って来ました…なぜ、マルケス選手を召喚しないのか疑問に思いましてね…レース後、マルケス選手のコース進入を映像で見直すためにね。我々がやったのはそう言う事です。レース後、ホルヘ(ロレンソ)と一緒にマイク・ウエッブ(レース・ディレクション)と話し合ったんですが…その際、別の映像を確認すべきだったのが…時間がなかったものですから、今回ここで確認しなければね。それだけですよ。レギュレーションでは、レース後60分以内に申立てをしなければならないとある訳ですからね。こう言う話がどうして外部に漏れたのか理解できませんな。」
(Source:2013年10月24日 Moto.it記事より抜粋)


一応、チームメイトであるロッシ選手の見解もこんな感じ…

mediaset-motegi.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシ選手のコメント。
「フィリップアイランドの1件は、ホルヘとマルクは五分五分だとオッも居ますよ。マルクはピットレーンから良く見ないで強く突っ込んできてるし、ホルヘは膨らんでる…つまり若干ミスしてる訳だしね」
(Source:2013年10月24日 Mediaset.it記事より抜粋)




心理的な揺さぶり作戦…ってヤツかな?クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. hane より:

    >マルクはコース進入の際に走行中の選手を優先していなかった

    >僕らは時速250キロ以上で走っていて、マルクの方は時速150キロでした。

    なんか、このネタの関係コメントでは、ロレンッオが当てに行ったなんて憶測が事実の様になってたりしたのですが、この発言を理解してない人多かったのが原因でしょうね。

    それから、接触に関してはペドロサも同じような発言してましたよね。

    マルケス本人やマルケスファンは納得できないのかも知れないが、あの映像をちゃんと見ればロレンッオに言ってる意味が解ると思う。

    繰り返しになりますがね…

    • とあるリッターのSS乗り より:

      ロレンソが当てに行ったとは全く思わないけど、F1とかピットアウトのあるレースをベースに考えれば、そもそも合流直後にブロックするのが危険で白線が設置されたわけで、白線を超えた直後に前にいる時点でブロックラインを取るのも先述の1つでしょ。
      そもそも、ピットイン義務付けレースの割に白線終了場所の設定も危なかったと思います。
      ただ、マルケスが追われる立場であったとこを考えると、あの場面でリスク取るのはアホやったと思いますがね。

      • とあるリッターのSS乗り より:

        すみません、誤変換です。
        ×先述
        ○戦術

        • hane より:

          ヘリからの映像見てないでしょ?そうじゃなきゃそんな憶測で言えませんよ。あの映像を見ているとしても、何度も見直せばロレンッオやヤマハが言ってる事が分ります。それでも分らないなら…

          とにかく彼らの分析は間違いないし、彼らはプロ中のプロですからね。

          • とあるリッターのSS乗り より:

            空撮も見てます。
            白線ルールは「白線の範囲では本コースが優先だから、白線をまたいではいけない」という事ですよね。
            確かに、危ないのはマルケスです。
            「白線途切れてからも、本コースから来たライダーが優先」と明文化されていれば、マルケスが悪いです。
            明文化されてなければレギュレーション違反ではなく、グレーゾーンです。
            余裕のある立場ならともかく、ギリギリの競り合い状態ではグレーゾーンの隅までついて徹底的にやるのがプロってもんでしょ。
            綺麗な勝ち方で勝てれば美しいですが、綺麗な勝ち方にこだわって星を落とすのはプロとして手抜きや怠慢といったものでしょう。

            今回のマルケスは”ポイント差では”余裕がある立場だったので、あんなリスクを取ったことに「今回のマルケスはアホやな~。」と思ったまでです。

            今回の場合、速度差を考えれば白線を延長するか、「本コースから来たライダーが優先(どこまでが優先する場所かも規定して)」明文化するか。
            レースディレクションの怠慢だったと思います。

      • hane より:

        もうひとつ言うならば、プロがアマチュアミニバイクレースに初めて参加した選手みたいなミスを犯してはダメでしょって事ですね。

  2. kao より:

    マルケスファンはただ楽しむだけです!
    台風もなんとかなりそうですね♪
    週末もお仕事なんで…パソコンでこそポチチェック予定。
    リアルで見られる方はうらやましすぎる☆
    マルクと中上くんの応援お願いしますね!!!

  3. hane より:

    >「白線途切れてからも、本コースから来たライダーが優先」と明文化されていれば、マルケスが悪いです。

    なるほど分りました。そこは確かにそうですね。ただ他の方の意見でも出てましたが、マルケスが初歩的なルールを無視していた(確認不足)からの接触はあの映像から分りますよね。だから一番心配なのはマルケス自身でしょうね。

    >グレーゾーンの隅までついて徹底的にやるのがプロってもんでしょ。

    ただあの速度差や、常識的観点からすると、とあるリッターのSS乗り のこの意見には同意しかねる。

    それは、ロレンッオのミスよりも明らかにマルケスのミスの方が重大な過失だからです。それはヤマハの要請でも分る筈です。ロレンッオやヤマハのスタッフらはバカじゃないし、彼らはこの道のプロで長い経験の元で要請をしている。それはチャンピオンシップで勝ちたいが為だけの馬鹿げた行為ではない筈ですよ。

  4. より:

    既に議論は終わって様ですが一応、ぶつけに行っている様に見えてしまう、と書いたので、それは小さい画面で見た時の誤りであると、既に訂正済みです。

    空撮の動画、良いですね。これを見ると、ハッキリ判ります。上の議論にあるとおりです。
    物凄く、厳密に、現実の速度差や、人間の出来る行動、安全性などを完全無視し、ルールに従うと、「白線が切れた時点で、マルケスは本線上の人であり、」ロレンソには、先行者であるマルケスの走行を妨げてはならず、急に出現した周回遅れと同じ状況ですね。現実には、完全にそれは不可能ですが。

    問題は、コース特性や、二輪の特性を考えていない、白線のあり方にあり、それが、このような意地の張り合いにおける、衝突を出現させてしまった原因でしょう。
    なので、空撮を見ても、以前書いた、訂正後の意見は、まったくの変更の必要性を感じません。

    上の、「」の中の解釈が違っていた場合、つまり、「レコードラインに合流するまでは本線上の人では無い」場合は、ロレンソには全く責任は無いでしょう。この場合、マルケスの確認不足がより重くなります。どちらにしても、以前書いたとおり、マルケスに1ペナ、マルケスが自分を目視していない事を認識していながら、張り合ったロレンソに1アホを進呈します。ミスではないと思っているので。また、マルケスは、遥か手前で、二度も振り返って見ているので、確認したとの言い訳としては成立するかもしれませんね。キャラ的に、そんな所で意味無いのに、馬鹿なやつだと言う感じで許される。自分的にはアウトですが。

    どちらにしても、大事に至らなかったのは幸運でした。

    色々な発言が、ロレンソに厳しく見えるでしょうが、それはロレンソに、偉大なチャンピオンを期待しているからです。レースは、戦争を除いて、競争の世界の極限で、激しくなれば何でも有りな世界に成ってしまいます。特に二輪は。なので、レース界に、偉大なチャンピオンが居て欲しいという、勝手な願望の押し付けです。

    ロッシは、山ほどタイトルを取っていますが、政治的発言などの場外乱闘や、エゲツナイ走り等、ダーティーな部分を持ち、それを見ないファン、それも含め愛するファン、多くの人に愛され、人気者である事、素晴らしいライダーである事は間違いないですが、偉大なチャンピオンかと問われると、違うと答えざるを得ません。その任ではない。

    ましてや、マルケスでは全く話にならない。先は、わからないけれど。

    (人それぞれ立場が違い、人気を一人で背負っていた重荷、常勝期待の重荷など、ロッシの立場を考えると、批判は出来ませんが。ドカに行った事でその重荷を下ろし、年を取った事もあり、今のさわやかロッシが好きですね。勿論タイトル争いでもない、サテライトの若手に、えげつない事をしたら、カッコ悪いだけですが。)

    ロレンソには、聖人ロレンソと言う人が居るほど、タイトル獲得後、急速に人格が成熟していったように見え、偉大なチャンピオンを勝手に期待しているのです。ヤマハには、聖人ロレンソで居られるマシンをよろしく。

    • hane より:

      >マルケスは本線上の人であり、」ロレンソには、先行者であるマルケスの走行を妨げてはならず、急に出現した周回遅れと同じ状況ですね。現実には、完全にそれは不可能ですが。

      ロレンッオの話を見ましたか?それと、これは初歩的なマナー的な問題でもありますよ。

      >それが、このような意地の張り合いにおける、衝突を出現させてしまった原因でしょう。

      意地の張り合いかどうかは全くもって確認されてませんよね。その真意は全く定かで無い。

      >マルケスは、遥か手前で、二度も振り返って見ているので、確認したとの言い訳としては成立するかもしれませんね。

      実際のところはこれでしょうね。レースをする者として、マルケスは基本中の基本を怠っていると感じるのはレースをした人なら分る筈です。

      マルケス物凄く優秀な選手である事は間違いないです。ただ彼は間違いなく判断を間違ってる事が多い、それは今後不幸な結果を齎して本人が気づくんじゃないかと思います。

      シモンチェリの時の様な悲惨な事故だけは繰り返して欲しくない。(あれは特殊ではあるが)

      正直ね、散々レースを見て来て思うんだけど、なんかマルケスには恵まれた才能に反して、なんか凄い不安を感じるんですよね。

  5. りゅー より:

    再び口を挟みます。ご容赦をば!
    「白線を越えた時点でマルケスも本線上の人」なのかそうじゃないのか、それに係るホルヘの優先性の問題は、レギュレーションの詳細がわからないので、いくら議論しても推測なわけで。

    仮にそうだとしても。
    この場合合流する立場のマルクがタイミングの判断をするのは当然至極です。
    前にも書いたのですが、このFTFはF1の1・2ストップのような通常レギュレーションじゃない。
    だからピットアウトからの合流は、本線の選手の前に出ることよりも安全なコースインにプライオリティがあるはずです。
       (もっといえばマルクはそんな危険を冒してまで前に出る必要ないんですからね。)
    それに関する最良の判断をマルクは取れなかった。
    そこから生まれた接触だと思います。今回は。
    ここにディレクションがペナルティの必要を認めなかったことに関しては、怠慢を感じますね。

    私もマルクはいいライダーだと思うし、これからもホルヘといいバトルをしてほしい。
    彼が自分のライディングスタイルにこだわり、変えないならそれはそれでいい。
    でもレースは一人でやるんじゃないですからね。
    自分のこだわりに徹するのもいいけど、それにスポイルされた独善的なチャンピオンになってほしくはないんです。

    最後に。輝さんのホルヘへの期待はわかるなぁーw
    私はホルヘがバランス感覚に優れたいいチャンピオンだと今もうすでに思っていますよ。

    さぁ台風もルートを変えたようだし!
    明日はがんばるぞー!(なにをだ)

  6. しゅ より:

    マルケスは、大事なところで後方確認をしていないからロレンソ達の前に出るべきか後ろに付くべきかの判断が出来てない。いや、する気が無い。合流する前に後ろ見なきゃはみ出し禁止の白線がいくら有ってもたりないよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP