MotoGP

マルケス『ロレンソに心理戦?自然に出るんですよ…』2014アルゼンチンGP


『マルケス:ロレンソに心理戦?自然に出るんです』

as-marquez.jpg


★4月24日(木)のアルゼンチンGPで、マルク・マルケスが次のように語った。

【決勝レースで、バイザーに蚊が付いてるか心配?ここは多いし、そのせいでオースティンではロレンソ選手がジャンプスタートだったが…】
「いいえ(笑)。まぁ、今日は大丈夫です。確かに水曜日は心配してました…一体シールドフィルムが何枚必要なのか心配で、でも、今はそれほどでもないです。水曜日に撒いてた殺虫剤が効いてるようだから。ホントにたくさんいますよね。レースではその辺を上手くやれるかが重要でしょうね…シールドフィルムは3枚以上は貼れないから…難しいんですよ。僕は最高2枚だけど、状況を見て…もしかしたら3枚が良いかもしれないし。ただ、3枚以上は視界が悪くなるんですけどね。」

【新サーキットのキーポイントは?】
「想像では、オーバーテイク地点がいくつかあって、それからタイムを稼げる地点もいくつかあって…マシンで走ってみないと分からないですけどね。バックストレート入口は凄そうだし、ドリフト地点もいくつかあって…特に第6コーナーと第11コーナーは、どちらも長い左折で、スゴいドリフトになるでしょうね。それから、オーバーテイク地点もけっこうあります。一番明らかなのはバックストレート終盤で、それからゴールに入る所がちょっと難しいですね…長いコーナーの後ですから。でも、そこで挑めますよ。」

【ホンダよりはヤマハ向き?】
「そんな感じだけど、僕はホンダ向きのサーキットだと考えるようにします。その方が、上手く行ってくれますから。ヤマハ向きと考えていたら、良くないでしょ。(ホンダ向きと考える方が)良いですよ。」

【楽しめそうなコース?】
「そんな感じですね。良いコースのようだし…けっこう速い地点がいくつかあり、かなり遅い地点もありますからね。良いセッティングが見つかるかどうかが重要でしょう。アスファルトが…グリップがどんな風に変化していくかを見ながらね。」

【アルゼンチンファンの大歓迎を受け…警察の護衛が必要なほどだが…】
「ここのモトGP人気は驚異的ですね。思ってもいませんでした。ここには初めて来たんですが、オースティンの方にも南アメリカの人達がたくさん来ていて、実は火曜日にここの到着した時も空港で待ち受けてましたね。町中を移動するのなんて大変だろうから、サーキット内で夕食を取って、まっすぐホテルに戻った方が良いでしょうね。」

【ロレンソ選手は今後どうなると思う?】
「ホルヘ(ロレンソ)はここから勝利のメンタリティで始めると思います…勝てるライダーだし、彼自身、ここで勝利を勝ち取る事が重要だと分かってると思います。」

【ロレンソ選手にコース外での心理戦を始めた?オースティンでマルケス選手はモトGPクラスでの最高スタートだったと言いつつ、ロレンソ選手の方が良かったと言っていたが…】
「(いたずらっぽく笑って)自然に出るんですよね。挑発はしてないです。結局、あらゆる面で勝負に出なければならないと言う事ははっきりしてますけど。同様に、ホルヘも去年、シーズン終盤では僕にプレッシャーをかけようとしてましたよね…僕がミスを犯すようにね。でも、大切なのはコース内の方ですけど。」
(Source:2014年04月24日 Diario As記事より抜粋)








心理戦も、あの人から学習…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP