MotoGP

マルケス、ロレンソ、ペドロサ予選後コメント:2014へレスGP


『マルケス:スペイン人の誰かが勝つ』

motosprint-pedrosa.jpg


★ヘレスGP予選でPPを獲得したマルク・マルケスのコメント。
「ここは唯一、全3クラスとも僕が一度も勝ったことのないサーキットなんで、明日はその流れを止めるよう頑張ります。ただ、タイトル争いの方も考えてますが…本当に重要ですから。

予選では違う作戦で行ってみたんですが、ポジティブだったようですね。最後の最後で、そう決めたんですよ。ラップタイムは最高だったけど、PPが取れるとは思ってませんでした…アルゼンチン戦よりも苦戦してたんで。ホルヘ(ロレンソ)やダニ(ペドロサ)のペースは最高だし、明日はかなり暑くなるでしょう。周回数も多いし、全員、タイヤ管理も難しいでしょうね。優勝目指して…とにかく表彰台に上がれるよう戦って行きます。明日はダニが最強だろうし、ホルヘもリズムが最高だから。」

【ヘレス・サーキットが苦手な理由は?】
「他の選手がいつもより速いからじゃないでしょうか…何らかの理由から、ここでうちは『普通』になってしまうんです。前の方にはいるけど、物凄く前ではない。他よりもちょっと苦戦するコースなんですが、でも、ホルヘやダニと同レベルにはなってますから。

今日、既に観客席は一杯でしたよね。明日は皆、誰かスペイン人に勝ってもらいたいんじゃないのかなぁ。」
(Source:2014年05月03日 Motosprint記事より抜粋)


『ロレンソ:調子が戻ってきた』

gpone-lorenzo-jerez.jpg


★ヘレスGP予選を2位で終えたホルヘ・ロレンソのコメント。
「徐々に調子が戻ってきてます…去年の状態にね。ここではすぐに良い手応えで、アルゼンチン戦の時のように腕が大変って言うような事もないんじゃないかなぁ。」

【PPは逃してしまったが…】
「頑張ったんですが…最初のタイヤでは良いラップがこなせたが、2番目のタイヤはリアのグリップが少し足りなくて。落着いて行く事にしたんでね。一番重要なのは最終FPでレースシミュレーションやった事で…僕だけだったでしょ。良いリズムだったんで、優勝争いはできると思ってます。」
(Source:2014年05月03日 Gpone記事より抜粋)


『ペドロサ:良くなってきている』

motosprint-pedrosa-2014jerez.jpg


★ヘレスGP予選を3位で終えたダニ・ペドロサのコメント。
「昨日に比べ、今日は良くなりましたね。レースペースで成長できたし、僕の操縦も良くなりました。予選ではプッシュして、最大限の事をしようと頑張ったが…とにかく、セカンドタイヤを使った2番目の好ラップでは上手くやれました。

もちろん、ここのコースでファーストローからのスタートと言うのは基本ですよ。全選手、グリップで苦戦してることだろうし、天候が鍵になるでしょう。最後までタイヤ管理が必要なレースになるでしょうね。良いパフォーマンスをする事が最も重要でしょう。アルゼンチン戦では渋滞にはまってしまい…レースの序盤ラップでは一番ソフトなタイヤを選んだ選手が一番速いんですよ。ハードの僕らにとってはコーナーで彼らを抜くのは厳しいですね。」
(Source:2014年05月03日 Motosprint記事より抜粋)




[amazonjs asin=”B00CSD8BRQ” locale=”JP” title=”暑いカラダにオイシイ補給!匠の塩飴 さっぱりレモン味100g”]

今年のヘレスは平和に行きますように…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. より:

    ロレンソ、いつものロングラン。てこずった2014タイヤに早くも適応はさすが。
    2勝を含め、いつも表彰台のペドロサ、ココが勝負どころ。
    ロッシは、fpタイムは安定、良いセクターも、で期待しているが、タイヤが心配、
    ロッシも、ココが一つの勝負どころ。

    やっぱり狙っていたマルケス、バイク乗り換えでポール。
    普通、ワークスでも2台をイコールコンディションにするのは難しい筈だが、
    乗りやすい方を取っておいたか? このコースで、0.4はデカイ。
    T2が悪かったが、それも克服。

    FP4では、いつもの様にジャックナイフ、フロントだけで進入時、そのフロントがスライド、しかし、何事も無くコーナリング。 
    もう、何が何だか。いつもの事だが、マシンコントロールが頭抜けている。

    セナ没後20年だが、昔F1で、予選専用Qタイヤが有った時、セナだけがそれを本当に生かすことが出来、
    他よりも1秒速かった事を思い出す。フライングラップの名の通り、他車と違ったふわふわとした、
    不安定で特別な挙動をしていた。(あと、気合が入った時のマンセル)

    マルケスにも同様の物を感じる。FPでは拮抗していたが、やっぱりマルケス優位か?

    差の少ないココで、やっと4強のバトルが見れそうなので、期待。
    ヤマハの改善が実を結ぶことを期待。(タイヤもち)

    自分は、バトルが無い独走でも、ホットラップなら満足する方です。
    ドゥーハンでも、ロレンソでも、ケーシーでも、誰でも。

    今回、今までやった事の無い、全力疾走で逃げるレースをして欲しいなぁ、マルケス。
    改善したとは言え、スタート下手だから、無理だけどね。

    因縁のヘレス、今年はどうなる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP