MotoGP

ロッシ情報:ランチ違法で罰金、彼女の手術に付き添い


『ロッシ父、ランチ合法化に罰金1万3千ユーロ』

motoblog-runch.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシがVR46アカデミーの生徒や友人らとトレーニングを行なっている私設コース『ランチ』が、検察庁より違法建築であるとの通告を受け、グラツィアーノ・ロッシ氏が裁判所に罰金の支払いにより合法化する旨を申し立てた。

★『ランチ』を所有する会社は、ロッシ選手の父親グラツィアーノ氏が運営している。

★グラツィアーノ氏は罰金として1万3千ユーロ(約180万円)支払う事となる。

★『ランチ』は元々、モトクロス用コースとして設計されており、法規によれば僅かでも変更がなされた場合は罰金が科せられる事となっている。

★『ランチ』に関する係争は、近隣住民からの騒音被害の件も続いている模様。

★次回の公判は12月2日に予定されており、それまでにグラツィアーノ氏は罰金1万3千ユーロを支払わなければならない。
2014年06月04日Motoblog.it記事参照)


あの…日本人的には分かりにくいと思うんですが…
イタリアには違法建築に対し、罰金を払えばチャラにしてあげるって言う…なかなかラテンな法律がありまして。
最初からそれを見越して、違法建築を作って、その後、罰金を支払って使い続けると言う人もそれなりにいるんだそうです。
まぁ、すべてに適用されるわけじゃないんだそうですが。

さて、話は変わりまして…
先のムジェッロ戦ではロッシ選手とチューしてた彼女さんことリンダ・モルセッリ嬢。



実は、負傷していたようでして…



一体、なんでケガしたのか…情報はまだ掴んでおりませんが…
一応、ご本人から手術成功のツイートが上げられておりました。

《チャオ、みんな、私です!手術は成功、私は元気です…ぐっと我慢して、元通りに治るよう頑張るわ!みんな、お見舞いアリガトウね!愛を込めて!》



《…心から貴方には感謝してるわ…ずっと付き添ってくれて。私のみぎ…いや、左腕。私の家族も一緒にいてくれて…カットリカ病院のお医者様、看護士さん達、ポルチェッリーニ先生、リッチ先生…私の災難に付き合ってくださり有難うございます。それから皆さんも、有難うございます…いつも励ましてくれて。♥アリガト。》



[amazonjs asin=”B00KRAYB0S” locale=”JP” title=”バレンティーノ・ロッシ ビーニー 46″]

え!?ブタさんTシャツ?クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP