MotoGP

ロレンソ4位『ロッシにカンニングされた』2014バレンシアGP


『ロレンソ:ロッシにカンニングされた』

lorenzo-gpone-valencia.jpg


★ヴァレンシア予選を4位で終えたホルヘ・ロレンソのコメント。
「(ロッシとの総合2位争いに向け、1列目スタートが目標だったが)これで、すべてが厄介になりました。」

【がっかりしている…】
「本当に驚いてるのは、ヴァレンティーノ(ロッシ)に後追いされた事ですよ。ああ言うのは普通、総合順位の真ん中ぐらいにいる選手がする事であって、彼のようなチャンピオンがする事じゃないでしょ。各々、頑張るのは自由ですけどね…こう言う状況にはまっちゃうんですよね。試験に向けて一生懸命に勉強したら、クラスメートにカンニングされたようなものでしょ。」

【順位を盗まれたように感じる?】
「ヴァレンティーノのした事は不正行為じゃないから…でも、今年はこれが初めてじゃないし…今日は成功してましたよね。僕が間違えたんです…もっと速く走れると思ってたら、ミスってしまった。
あの時、もし僕がアクセルを閉じていたら、ヴァレンティーノは絶対にあんなタイムを出せなかっただろうし…僕は1列目に入れてたでしょうね。それがムカつくんですよ。僕の意見としては、全選手、自力で走るべきじゃないでしょうかね。」

【決勝戦での目標は…】
「一番重要なのは優勝する事です…ホンダ組がかなり速いし、もし僕が優勝できたならヴァレンティーノが表彰台に上がれない可能性がたっぷり出てくるでしょう。間違いなくマルケスは最強でしょう。フリープラクティスでは常に首位だったし…ホンダ機は風のせいか、いつもより苦戦しているように見えますね。ペドロサも良いペースで走ってる…でも、僕も接近してますから。」

【タイヤが鍵?】
「リアタイヤは去年と違うんですよ…コーナーでのグリップが少なくなって、加速ではスリップするようになったし…でも、上手く持って行けますよ。一番ハードなタイヤを使うのは、どの選手も無理でしょう…でも、一番ソフトなやつでは、うちは制限されてしまう。タイヤにできるだけストレスを与えないよう、消耗してきたら徐々に操縦スタイルを変えていかなければね。」
2014年11月08日Gpone記事参照)

[amazonjs asin=”4766720423″ locale=”JP” title=”パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)”]

ちなみに、ご立腹のロレンソ選手に対し、ロッシ選手の方はこんな感じです。



★ヴァレンシア予選後、ロレンソ選手が後追いについて批判していると聞かされ、ヴァレンティーノ・ロッシが次のようにコメント。
「ホルヘ(ロレンソ)ですか?(後追いは)ちょっと役に立ってくれましたね。セカンドタイヤを履いた時、第2コーナーでミスってしまったんですよ…それで、タイヤの温度を下げようと減速して、もう1周走れるようにしてたんです。そうしたらホルヘがやって来てね。良い時に、良い場所に居合わせましたよ。今回の事でホルヘがちょっと苛ついてるのは喜ばしいですね…実際、こう言うのはある事だから…僕なんて何度こうやってPPやファーストローを逃してきたことか…他の選手に後追いされてね。」
2014年11月08日Moto.it記事参照)







ホルヘも頑張れ!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. V.H46 より:

    ヴァレンティーノが来年本気でチャンピオンを狙うなら、若い頃のようにギラギラしてくれないと。
    ライバルを潰しにいってでも勝つっていう姿をまた見たいですね。
    マルクとも仲良しじゃダメ!
    陽気な笑顔の奥に潜むデビルを見せてくれないと(笑
    頑ヴァレ!!

    • 坂本八 より:

      マルケスとの仲良しアピールは
      ロレンソ挑発の為にやってんデスょ
      わかってくださいょ

  2. 田村 より:

    後追いに関して言えば、
    バレンティーノの来年への心理的作戦なのかもしれないですね
    来年への意気込み
    チャンピオン奪回に準備okと言う事と言う合図に見えますよ!

    かつてのバレンティーノの戦い方を見ればですよ

    多分来シーズンはホロへ、マルクと笑顔を交わすのは少し減るんじゃないかな(笑)

    バレーは強引な攻めに来る予感がします
    バレーvsケーシー
    バレーvsホロへの時のように
    本来のバレンティーノカムバックですよ

  3. キジトラ より:

    カンニングしたのはペドロサだ。

  4. クラッチ郎 より:

    今度はカンニングかwww
    相変わらず子供っぽさが消えないんだな~
    愚痴るにしても内容が幼すぎる結局は何かに責任を
    擦り付けるような発言をする小坊主から卒業してね!
    (責任を他人様に擦り付ける屑は何処にでも湧くがねw)

    「ちょっと役に立ってくれましたね」
    ロッシの皮肉たっぷりのオトナの切り替えしはGood!!!
    今シーズン最後の決勝で若造連中をキリキリ舞させて
    やって欲しい VRここにあり! と。
    チャンスがあればガンガン行って勝利を手中に!

  5. 軽~視~スト~ナ~ より:

    自分では、そういったことをせず、タイムが出せる、ロレンソって凄い!!
    かっこいいなぁ

  6. 999s より:

    後追いって・・それを含めて競技なんですよね。
    どうせ、カンニングしても決勝では実力勝負なんですから。

    WRCみたいに時間差スタートにしますか?
    駆引きが無くって全然面白くなさそう。

    こういう発言って、9割方ライバルに対する心理作戦だと思います。

    最近の結果を見ても、スタートの名手がいなくなって、あんまり予選の結果が
    響かないような気がしますしね。

  7. りょうじ より:

    ロレンソ選手のヒールキャラ、いいですねぇ。
    思えば250ccクラス時代やMotoGPクラス昇格当初も悪童キャラでしたね。
    もうここまで来たら周りの雑音など気にせずに、この路線で突き進んで欲しいです。
    来シーズンはロレンソ選手、ロッシ選手ともにガチ本気で闘いに臨むことは必至です。
    もうなりふり構ってなどいられないという気構えで良いと思います。
    なんならヤマハワークスピットボックスでのパーティションも復活するかもしれませんね。
    かつてビアッジ選手vsロッシ選手が、場外乱闘や舌戦も含めて楽しませてくれたのを思い出します。
    ここ数年、ロレンソ選手は規範的優等生的キャラを目指しているのかなという印象でした。
    またギラギラしていて勝利に餓えていて口撃的な彼が見られるのかなと、とても楽しみにしています。

  8. ぼす より:

    一列目からスタートしたいなら自分も後追いすれば?そういう執念を持てないのは
    わがままマイルールなポリシーのせいなわけ?

    てなような反論が簡単に出来てしまうような発言が多いんですよね この子…

    単独走行が大好きなせいでバトル下手になってるとか
    自己への反省をメインにしたほうがすこしは上達すると思うのにね

  9. nyarserker より:

    レーサーにフレンドリーさは要らないと思うけど、今回のコメントは流石に駄々かと。
    それでもロレンソには期待してるから、頑張って欲しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP