MotoGP

ミシュランテスト、雨でロッシら安堵

『ミシュランテスト:雨、トップラライダー待機』

michelin-test-gpone.jpg


★8月17日(月)、ブルノ・サーキットでミシュランによるモトGPタイヤテストが行われたものの、雨によりトップライダーらはボックス待機となった。

★夜間に雨が降り続き、また、17日の日中は曇天およびにわか雨によりコースが乾くことはなかった。

★6月初旬にムジェッロ・サーキットで行われたミシュランテストでは、フロントタイヤの問題によりロッシ/マルケス/ロレンソ選手らが転倒した。

★総合順位で上位の3選手は無駄なリスクを避けたがっていたため、今回は『恵みの雨』となった模様。
なお、8月13日(木)ブルノGP会見では次のようにコメントしていた。

・ロッシ選手
「今のところ、月曜日の(ミシュラン)テストに関し、僕としては優先順位の1番ではありませんね。」

・ロレンソ選手
「ムジェッロテストの時の結果を考えると、けっこう気をつけていないとね。」

・マルケス選手
「(前のテストでは)けっこう転倒していたんで…ここのコースだと、どんな挙動になるんでしょうかね。」

★今回のテストでミシュランはレイン用タイヤと、インターミディエイトタイヤ(※ブリヂストンは提供したことはない)を用意してきていたため、午前セッションではカル・クラッチロー(ホンダLCR)やペトルッチ&エルナンデス組(プラマック)、アルヴァロ・バウティスタ(アプリリア)、エスパルガロ&スミス(ヤマハテック3)らが走行した。
午後には、それにアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、アレイシ・エスパルガロ(スズキ)が加わった。

★ニコラス・グーベル(ミシュラン・テクニカル・ディレクター)のコメント。
「ムジェッロテストでは、選手らより改良点を指摘されてたので、その後、懸命に作業を積み、今回は新タイヤのテストに向け晴天になることを願っていたのですが。あいにく、そうはいきませんでした。でも、レイン用タイヤも用意してきていたし、午前セッションでは選手2名がインターミディエイトタイヤも試してくれ、興味深いフィードバックもありました。いくらか改良すべき点があるようですが、目標にそう遠くはありませんでした。」

★次回のミシュランテストはシルヴァーストーン戦後の火曜日に予定されており、テストライダーのみが参加する。

(2015年08月17日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B00J4H4OWA” locale=”JP” title=”ミシュラン MICHELIN Grand-4Waybag 231414 BK (ブラック)”]

喜んでいいんだか、悲しんでいいんだか…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. Tak より:

    ルーチョさんはメインスポンサーが撤退(もしくは逃げた?)らしくカストロカラーで走ってましたね。
    どうやら来年はまた1台体制に戻るようでクラッチローを優先させるみたい。

  2. ミン より:

    スーパーGTとか見るとミシュランのレベルアップは凄まじいものがあるから数年後にはブリヂストンに勝るとも劣らないタイヤを用意できそうですが…その数年にライダーは苦労しそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP