エルナンデス『SBKに集中、でも、モトGPに嫌とは言わない』

Pocket

『エルナンデス:SBKに集中、でも、モトGPに嫌とは言わない』

yonny-prova.jpg


★ジョニー・エルナンデスは2018年、『Pedercini Kawasaki』チームよりスーパーバイク世界選手権(SBK)にフル参戦する。

★先日、ジョナス・フォルガー(ヤマハテック3)が2018年完全欠場を公表したことにより、エルナンデス選手はその代役としてモトGPセパン公式テストに参加する模様。

★エルナンデス選手のコメント。

「今のところ、僕は何もコメントできないんですよ。とにかく、ジョナスのことは気の毒に思ってます。ライダーが体を患って欠場するなんて良い話ではないから。早々に復帰できるよう祈ってます。
僕の今季の仕事は『Pedercini Kawasaki』チームとSBKの方なんで、今はこの新たなチャレンジの方に集中してます。」

【モトGPの方は?】
「もちろん、ライダーとしてはモトGP復帰のチャンスがまだあるなら、応じるでしょう。最高峰クラスで走った何年間かは素晴らしかったし、キャリアにとっても重要でしたから。だから、もしまたモトGPに出られるチャンスがあるなら、受けるでしょうね。ただ、今は次の目標について考えないと。今、僕はモチベーションも上がっていて、やる気満々なんですよ。SBKに出て、結果を出したいんです。
『Pedercini Kawasaki』チームとニンジャの戦闘力は実に高いから。マシンはヘレスで試してみました。気に入りましたよ。もちろん、時間をかけて走り込む必要はあるけれど、でも、あの『Kawasaki ZX10RR』機が戦闘力の高いマシンだって事はすぐに分かったし、物凄いポテンシャルですよね。」

【モトGP機とSBK機なら、どちらの方が操縦しづらい?】
「正直なところ、その比較は難しいんですよね。プロトタイプ機と市販機って言ったら、何もかも違うから。タイヤにブレーキ、電制システム、フレームの調整も違うし…それでライディングスタイルもすべて変わってきますからね。僕としては、こっちのマシンはそっちより簡単だなんて言えないんじゃないかと思うんです。まったく比較の対象にならないと思います。」

【マシン以外にも、色々と新しいことがある…】
「マシンの挙動や反応を確認する以前に、僕にとってはSBKの雰囲気も新しいですからね。新しいライバル陣に、走ったことのないサーキットでしょ。まぁ、はっきりしていることは、全力で頑張るってことです。これまでのキャリアでもずっとそうしてきたし。早々に慣れて、強くプッシュしていきますよ。チームと上手いこと作業をし、ライバル達と戦いながらね。」

【ライバルと言えば、あのジョナサン・レイもいるし…】
「ジョニーの強さは驚異的ですよ。真のチャンピオンですよね。SBKで3年連続タイトルを取り、しかも、然るべくして取っているでしょ。もの凄い才能だし、チームもファクトリーで、日本からダイレクトにサポートしてもらえるし。『Provec』は本当にレベルの高いチームですからね。」

(2018年01月21日『Gpone』記事参照)


イアンノーネ復縁とか、ロレンソ選手がグリッドで聴いてる音楽とかは、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top