MotoGP

ドヴィツィオーゾ『ドゥカティから具体的な話はまだない』2018アルゼンチンGP

『ドヴィツィオーゾ:ドゥカティから具体的な話はまだない』

dovizioso2 (3).jpg


★4月5日、アルゼンチンGP会見では、アンドレア・ドヴィツィオーゾの意向に関係なく契約問題から話が始まったものの、いつもように率直に回答してくれていた。ただし、言いたいことを全て言えるわけではないのだろうが。
ドヴィツィオーゾ選手の様子からは、ドゥカティの対応に対する若干の不満が見て取れた。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。
「ドゥカティから何か提案があれば、僕も多少はお話できるんですが…今のところ、何もないんですよ。」

【なぜ?】
「それは僕に訊かれてもねぇ。彼らには彼らの理由があるのでしょう。各種要素から決定がなされるわけですからね。話がきたら、決めますよ。
契約は双方で交わされるものであって、1人でするものじゃないから。」

【ただ、ドゥカティではプロジェクトの要はドヴィ選手だと言っているが…】
「これまでの数々の苦難を経て、メインライダーになれ、信頼を勝ち得たと思うと嬉しいですよ。以前はそうではなかったから。
もう、それだけで満足できる素晴らしい結果ではあるんですが、でも、それだけで契約するわけにはいかないんで。」

【ロレンソ選手がドゥカティからほかへ移籍したら、びっくり?】
「いいえ。」

【話は変わって、今年は素晴らしい開幕となったが…】
「昨シーズンが良かったんで、今年も速いことを証明できるかが重要だったから。特に、どんな風に勝てたかと言うことを思うとね。
これからの2戦は、去年、うちが苦戦した所ですから。ただ、マシンは去年より良くなっていると思います。戦闘力を上げていけるでしょう。ただ、予想は立てられませんけどね。」

【マルケス選手が最終コーナー勝負での腕を上げてきているが…】
「正直なところ、僕はこれまで最終コーナー勝負なんてしようと思ったことはないんですけどね。ただ、そう言う状況に遭遇してしまったら、なんとかするしかないだけで。
去年の僕は、作戦勝ちレースが多かったでしょ。皆を驚かせてね。今年はさらに頭脳的にいかないと。今はチャンピオン候補として扱われ、以前よりも研究されてますからね。去年、そう言うことはなかったんで。」

【今回の目標は優勝?それとも、表彰台?】
「表彰台です。全戦、それを目標にしていかなければ。去年は特にそう言う安定性に欠けていたから。」

(2018年04月05日『Moto.it』記事参照)


ロレンソ特製シートとか、電動バイクレース初会合とかのカタールGPこぼれ話は、無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4763136739″ locale=”JP” title=”一流の頭脳”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. へも より:

    まだ何もないってことが本当だってのが前提だけど、ドカティはドビが他メーカーには絶対に移らないって確信があるだろうからな。ドビが一番欲しいのはチャンピオンだろうから、そうなるとドカ以外だとホンダしかないわけだよね。スズキ・KTM・アプリリアはそれぞれ現状では微妙だし。ホンダだとマルケスに対する優位性がなくなるだろうし。サテライトはあり得ないよね。ってなるとドカ残留以外にドビには選択肢が無い気がする。過去にチャンピオンが取れていれば違う行動ができるんだろうけど。ドカとしてはそれよりもロレンソとの話しのほうが課題だと思う。ロレンソが他メーカーに移るのかとかペトルッチとどちらがいいのかとか色々考える必要があるわけだし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP