MotoGP

バニャイア『モト2のホルヘ・ロレンソと言う感じで…』2018アッセンGP

『バニャイア:僕がロレンソみたい?それは驚異的な比較』

prova.jpg


★フランチェスコ・バニャイア(VR46チーム)が7月1日、アッセンGPのモト2クラス決勝で優勝した。

★第1ラップ〜最後まで首位のポール・トゥ・ウィンだった。

★バニャイア選手はモト3時代、アッセンGPでマヒンドラ機を駆り、キャリア初優勝を獲得した。
その記念に、同サーキットのレイアウト図のタトゥーを、アクセル操作をする右腕に施している(上記写真)。

★バニャイア選手のレース後コメント。

「今日はできるだけポイントを稼ぐことが重要でした。この3日間、チームと共に最大限に集中力を維持し、かなり走り込んだユーズドタイヤで周回数をこなすようにしました。そう言う作業が今日の優勝の鍵になりましたね。
レース中は最初から最後までプッシュし続けることだけを考えてました。5〜6周走った時点で後続をけっこう引き離すことができ、唯一、障害になってたのは強風で…ちょっとロスしてしまって。
その状況をどうコントロールすれば良いのか分かったんで、それに対処しつつ、それまで通りの強い走りを続けました。
うちのメカニック陣が驚異的で、もの凄い作業をしてくれたんで優勝できたんですよ。」

【これまで8戦4勝ながら、何回か期待はずれのリザルトもあったのでは…】
「実のところ、僕とチームはそう言う『ゴムとび』みたいなことは避けるようにしてるんですけどねぇ(※上がり下がりがあると言うことを言ってるのだと思います)。タイトル争いが難しい方に行き、僕にとっては大変なことになり始めてたから。
アッセン転倒後からムジェッロまでの間、実はオースティンでのジムトレーニング中に上腕骨頭を骨折していたことに気づいて…これが炎症を起こしてしまったんですよねぇ。
ムジェッロ決勝戦では完走するのもキツくって。でも、バルセロナの方がもっとツイてなかったですけどね。不良品タイヤが当たってしまい、レースが大きく左右されてしまいました。第5ラップ以降、スピードが出なくて、マシンは滑りまくるし、タイヤのトレッドがあちこちえぐれてしまい、けっこう左右されましたね。右折コーナーが本当に操縦しづらくて、結局、ああ言うことになってしまったんです(※8位ゴール)。」

【好スタートで逃げ切り、優勝…まるでモト2クラスのホルヘ・ロレンソと言う感じで…】
「それは、聖母マリア様もびっくりの比較ですね。5回タイトル獲得のホルヘと比較してもらえるなんて悪くないです。嬉しいですね。
僕は、好スタートで首位に立ち、思い通りに状況をコントロールしていくようなレースが本当に好みなんです。まさに今回のアッセン戦なんか、そうですよね。
まぁ、今回、勝てたのは運もあるんですけどね。僕はライバル陣とは違うギア比だったんで、場所によっては違うギアで走らなければならなかったんです。好スタートのお陰で助かり、競り合いや、その後のタイムロスを避けるようにしてました。好リズムが出せてることは分かってたんですが、レースでそれがはっきりしましたね。」

【バルダッサッリ選手のタイヤにトラブルが発生していたが…】
「残念ながら、誰に起きるか分からないから…今回はバルダだったし、バルセロナでは同じ問題が僕に起きていたし。バルセロナで、僕はツイてましたけどね…8位でゴールできたから。でも、今回のバルダはボックスに戻らなければならなかったでしょ。
ダンロップタイヤ絡みのトラブルが今年は起きてるんですよ。通常、事前にタイヤウォーマーで温められてるタイヤをホイールから外して、チームに配られるんです。
おそらく、バルダはタイヤに穴をあけてしまったのでしょう。ここは縁石が高く、ギザギザしてるから。」

【去年から今年にかけてバニャイア選手はがらりと変わり、スピードも覚悟のほども成熟してきたようだが…】
「同じチームで2年やるのが重要だってことは確かですね。今では互いに良く分かりあえてるから。フィーリングは最高ですよ。
あと、サスペンションをWPからオーリンズに変えたのも、かなりの助けになってくれました。うちのエンジニア陣にサポートしてもらってるんで、毎回、状況をきちんと理解できるし。」

(2018年07月01日『Gpone』記事参照)


バルセロナGPこぼれ話ってことで、ロッシつなぎ盗難やマルケスF1体験、ミラーのホンダ蹴り等々は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B01JFPPG54″ locale=”JP” title=”ウーノ クリームパーフェクション メンズフェースケア 90g”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP